iPhone/iPad・AndroidスマホなどでLINEを同時に使う方法

スマートフォン ネットワーク

LINEは1つのデバイス(スマートフォンなど)に1つのLINEアカウントを使うのが基本ですが、昨今では同時ログインが可能なアプリも登場しており、iPhone/iPad・Androidスマホに加えWindowsなどを組み合わせるとマルチデバイスで使うことができます。

マルチデバイスとは、1つのサービスを複数のデバイス(iPhoneやAndroidスマートフォンなど)で、アカウントやデータを共有して使用することです。
スポンサーリンク

LINEが使えるデバイスとアプリ

LINEはiPhoneAndroidスマートフォンで使っている人が多いでしょうが、iPadなどのタブレットを始めWindowsMacと言ったパソコンでも専用アプリが用意され使うことができます。

各デバイス用に用意されたアプリは仕様が異なっており、スマートフォン(iPhone/Android)用LINEアプリ、Android用LINE Liteアプリ、iPad用LINEアプリ(LINE for iPad)、パソコン(Windows/macOS)用LINEアプリに分けることができます。

スマートフォン用LINEアプリは、LINEアカウントを “新規登録” や機種変更による “引き継ぎ” を行うのが基本となっていますが、LINE Liteアプリを始めiPad用LINEアプリパソコン用LINEアプリでは、既存のLINEアカウントへログインして、スマートフォン用LINEアプリなどと同時に使えるマルチデバイス仕様になっています。

iPad用のLINEアプリは、以前に “LINE for iPad” と呼称されていましたが、現在は “LINE” となっています。ただし、当ページではあえて “LINE for iPad” と表記することがあります。

マルチデバイスの組み合わせ

OSの違いによる垣根は無いようで 「iPhone(LINE)とAndroid(LINE Lite)」 や 「Android(LINE)とiPad(LINE for iPad)」 が可能です。

ただし、同じOSで使う場合には注意が必要で 「Android(LINE)とAndroid(LINE Lite)」 や 「iPhone(LINE)とiPad(LINE for iPad)」 は可能ですが 「iPhone(LINE)とiPhone(LINE)」 はできません。これはAndroidスマートフォンにはマルチデバイス可能なLINE Liteアプリがありますが、iPhoneには無いためです。

また、他デバイスでログインするためには、事前に既存のLINEアカウントに対してログイン許可の設定をする必要があります。

マルチデバイスで使うには?

ログインを許可する手順

  1. ホーム(友だち)より『歯車アイコン』をタップします。

    iPhoneアプリ→LINE

  2. 設定より『アカウント』をタップします。

    iPhoneアプリ→LINE→設定

  3. アカウントの “ログイン許可” をオンにします。
    画像はオンの状態でタップすることでオフに切り替えることができます。使用しない時はオフを推奨します。

    iOSアプリ→LINE

ログインを許可するやり方は以上です。

ログインする手順

前述したとおり、既存のLINEアカウントにログインできるのは、Android用LINE Liteアプリ、iPad用LINEアプリ(LINE for iPad)、パソコン(Windows/macOS)用LINEアプリです。

それ以外のアプリからは機種変更による “引き継ぎ” と見なされる場合があるので注意して操作してください。

ちなみに、iPhoneとiPadに加えAndroidスマートフォンを持っている場合、前述したようにiPhoneには既存アカウントにログイン可能なアプリが無いので、iPhoneを既存アカウントとして「iPadからログインする」「Androidスマートフォンからログインする」としたほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました