Googleの2段階認証プロセスを設定する方法

スマートフォン ネットワーク

Googleさんに預けているものが多くなってきたので、セキュリティ向上のために「2段階認証プロセス」を設定してみました。

スポンサーリンク

2段階認証プロセスとは?

通常のパスワード携帯端末を利用した認証の2つを使用することで本人以外にログインできないようにする方法です。
携帯端末を利用した認証ではその都度コードが変わるので漏洩しても不正ログインされる可能性が少なくなります。

2段階認証プロセスを設定する

  1. Googleはプライバシーやセキュリティを一括管理できる「アカウント情報」を公開しているのでアクセスします。
  2. 2段階認証プロセスを設定するためには「ログインとセキュリティ」をクリックします。
    2段階認証プロセス「ログインとセキュリティ」
  3. “パスワードとログイン方法”欄に「2段階認証プロセス」とあるので、そちらをクリックします。
    2段階認証プロセス「2段階認証プロセス」
  4. 2段階認証プロセスの設定を開始しますので「設定を開始」をクリックします。
    2段階認証プロセス「設定を開始」
  5. まず、2段階認証プロセスの2段階目のコードを受け取る方法を選択します。方法は2つから選ぶことができ、携帯電話のメールアドレスまたは音声通話がありますので自分で受け取りやすいほうを選択します。最後に「コードを送信」をクリックします。
    2段階認証プロセス「携帯端末を設定する」

    携帯電話のメールを選択した場合「google.com」からメールが届きますので、ドメイン指定受信を設定している人は受信できるように設定しておきましょう。

    メールアドレスは、いわゆるキャリアメールしか設定することができません。MVNOなどでキャリアメールが無い人は音声通話を選択します。

    この設定は後から変えることができます。初期設定が完了すれば2つ以外でコードを受け取る方法もあります。

  6. 選択した方法で6桁のコードを受け取ったら画面に入力します。最後に「確認」をクリックします。
    2段階認証プロセス「携帯端末を確認する」
  7. 現在操作している端末が信頼できるもの(自宅の個人所有パソコンなど)であれば「このパソコンを信頼できるパソコンとして登録する」にチェックをして「次へ」をクリックします。
    2段階認証プロセス「このパソコンを信頼できるパソコンとして登録する」
  8. 最後に「確認」をクリックすれば完了です。画面が切り替わり以下のような画面が表示されますが、後で設定できるので、良くわからない場合は「後で実行する」をクリックします。
    2段階認証プロセス「再接続」

確認コードの受け取り方法を切り替える

確認コードの受け取り方法は複数あります。

受け取り方法

携帯電話メール

初期設定の際に選択できる方法です。ただし、docomoやauのようにキャリアメールしか登録できません。MVNOでキャリアメールが無い人は、他の方法を選択します。

音声通話

ほとんどの人が利用できるの方法がこちらでしょう。電話番号は090、080、070の携帯電話はもちろん、050のIP電話でも可能です。

アプリ

確認コードをスマートフォンにインストールしたアプリから取得する方法もあります。これはいわゆるトークンのような使い方で、一定間隔でコードが変わるので、そのときに表示されたコードを入力します。

アプリ Google 認証システム – Google Play の Android アプリ

変更する方法

2 段階認証プロセスのページにて変更することができます。

携帯電話メールまたは音声通話を選択する

  1. 「コードの送信方法」をクリックします。
    2段階認証プロセス「メインの方法」
  2. 設定項目が表示されるので画面に従い設定します。
    2段階認証プロセス「メインの方法選択」

アプリを選択する

  1. 「アプリに切り替え」をクリックします。
    2段階認証プロセス「メインの方法」
  2. 設定項目が表示されるので画面に従い設定します。
    2段階認証プロセス「アプリに切り替え1」2段階認証プロセス「アプリに切り替え2」

バックアップ用の電話番号

携帯電話やスマートフォンを複数持っている場合は不測の事態(忘れ、紛失、盗難など)に備えてバックアップ用に複数の電話番号を登録しておくことができます。
2段階認証プロセス「バックアップ用電話番号」

バックアップコード

これまでに設定した全ての方法が何らかの理由で使用できない場合に入力するためのコードを印刷することができます。「印刷またはダウンロード」をクリックすると10個のコードが生成されます。これらのコードは1度だけ使用することができ、1度使用したコードは2度と使用することはできません。
印刷したコードは、サイフなどに忍ばせておけばいざと言うときに使用することができるでしょう。
2段階認証プロセス「バックアップコード」

2段階認証プロセスはセキュリティを確保するためには最適な方法ではありますが、あまり厳しくしすぎると認証できなくなる恐れがあるので、念には念を入れて複数の解除方法を持っておくようにしてください。

参考 スマホの通知 “アカウントの操作が必要” を消す方法

タイトルとURLをコピーしました