2020年代の半ばに3Gサービスが終了となりガラケーが終わりを迎える!

スポンサーリンク
P-01J キャリア

2016年末に “ドコモ ケータイ(iモード)” の出荷を終了したNTTドコモですが、今度は2020年代の半ばに3Gサービス(FOMA/W-CDMA)を終了することを言及しました。また、auも2022年03月末をもって終了することを発表しています。これにより3Gサービスを利用している携帯電話は使用できなくなります。なお、LTE対応スマートフォンのユーザーも油断はできません。

スポンサーリンク

ガラケーの出荷終了と3Gサービスの停波

遡ること2015年4月に「フィーチャーフォンやガラパゴスケータイ(ガラケー)と呼ばれている従来型の携帯電話が2017年に生産が終了する」と言われていましたが、2016年11月2日にNTTドコモより “ドコモ ケータイ(iモード)” の出荷を2016年11月~12月を目途に終了すると発表されました。

auやソフトバンクでは、早くから ガラケー(従来型携帯電話) では無く ガラホ と呼ばれる従来型携帯電話風スマートフォンをメインに販売されていたものの、NTTドコモだけは従来型携帯電話(iモード対応携帯電話)の発表・発売を行っていました(ドコモケータイP-01Hなど)が、2016年には “ガラホ” のみとなりiモード対応の従来型携帯電話にの発表・発売は行われませんでした。

また、2018年10月31日に行われたNTTドコモによる決算説明会では、3Gサービス(FOMA/W-CDMA)の終了について言及があり 2020年代半ば には3Gサービスを利用した携帯電話は使用できなくなってしまいます。時期は、言葉通り受け取れば2025年前後(2020年から2030年の間)に停波する考えのようです。

加えてauでは2022年03月末をもって3Gサービス(CDMA 1X WIN/CDMA2000)の終了を発表しました。

3Gが終了するとどうなるのか?

停波するまでは使い続けることができますが、当然に3Gサービスが終了し停波すれば3Gサービスの電波を利用する携帯電話は使用できなくなります。

3Gサービスの電波を利用する携帯電話は、NTTドコモの場合にはiモード対応のドコモケータイ(ガラケー)がauの場合はCDMA 1X WIN対応機種が該当し、これらの機種は全てにおいて使用できなくなることになります。

また、4Gサービス(LTE)を利用したLTE対応スマートフォンでも油断はできず、音声通話に3Gサービスが使用されているVoLTE非対応のスマートフォンでは、少なくとも音声通話ができないことになります(この時にデータ通信が可能かは不明)。

このため、3Gサービスの終了し電波が停波した際に利用できるのはVoLTE対応機種となります。

なぜ終了するのか?

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンが普及し、今では人口の半数以上が所有していると言われています。しかし、逆に言えば半分には満たないもののガラケー(フィーチャーフォン)を持っている人も少なからず居ると言うことです。特に格安SIM(MVNO)でデータ通信専用のスマートフォンを使っており、通話用としてガラケーを持っている人も多いでしょう。

このように、少なからず需要はあるものの終了してしまうのは「ガラケーの開発が重荷」「部品の調達が難しい」などの理由があるようです。そのため、スマートフォンが主流になった昨今では、ガラケーを生産し続けるのは難しいのでしょう。

これに伴い、第4世代のLTEに対応したスマートフォンを利用するユーザーが増えてきたことで、3Gサービスの必要性も徐々に少なくなってきたことや、次世代の5Gサービスへ力を入れていく関係もあり、コスト面からも3Gサービスの維持は重荷になっているのかもしれません。

機種変更のタイミングは?

この手のサービス終了は3Gサービスが初めてでは無く、もちろん2Gサービスが終了したことがあります。

2Gサービスが停波した際には、利用ユーザーには機種変更の大幅な割引サービス等があったので、それを期待しても良いかもしれません。

ただ、3Gサービスの終了までには数年があり、なおかつ今後に新機種が発表・発売されないでしょうから、使用している携帯電話本体の劣化やバッテリーなどの消耗品による影響で維持が難しくなってしまう事は考えられます。その為、本体が故障した場合などには中古で白ロムを購入するなどして機種変更する必要があります。

Panasonic docomo P-01H
Panasonic docomo P-01H

auでは、機種によってショップ等での手続きが必要ですが、ドコモでは白ロムを購入してSIMカードを差し替えれば使用することができるので、3Gサービスの終了ギリギリまでガラケーを使い続ける予定の人は、何台かスペアを購入しておくと良いかもしれません。

参考 ガラケーとフィーチャーフォンの違いは?