NTTドコモが新しいパケットパックの提供を開始!

スポンサーリンク
Xperia XZ1 Compact キャリア

2018年5月25日(金曜)より新しいパケットパック「ベーシックシェアパック」「ベーシックパック」の提供が開始されました。それに伴い “データSパック” など既存パケットパックの新規申し込みが終了となります。

スポンサーリンク

ベーシックパックとは?

4段階の料金で提供される新しいデータパックです。家族で分け合える「ベーシックシェアパック」は5GBから30GBまでが4段階に分けられ最低6,500円から最高15,000円で提供されます。一人で使う「ベーシックパック」は1GBから20GBまでが4段階に分けられ最低2,900円から最高7,000円で提供されます。

NTTドコモ→ベーシックパック例

金額は全て各種割引の適用前です。

ベーシックパックに潜む罠

ベーシックパックおよびベーシックシェアパックは「使った分だけお支払い」「無駄なく使える」と案内されることが多いですが、自分の使用するデータ通信量をきちんと見極めないと大きく損をすることになります。

ステップの切り替わり

データ通信量に応じて料金が4段階(ステップ1からステップ4まで)に切り替わりますが、切り替わりの際には従量制では無く定額制が採用されていることから、閾値を1MBを超えただけでも次ステップの料金が発生します。例えば、ステップ1のデータ通信量である1GBを1MB超え “1.1GB” を使った場合でもステップ2に切り替わり4,000円の料金が発生します。ステップ2は3GBまで利用することができるので2.9GBが無駄になります。

このようにステップの切り替わる閾値を「少しだけ超える」ような使いかたの場合、非常にコストパフォーマンスが悪いと言えます。

速度制限はステップ4のみ

従来のパケットパックであれば契約したデータ通信量を超えると速度制限が行われ通信速度が低下していましたが、ステップ1からステップ4までが自動的に切り替わるので、速度制限が行われるのはステップ4のデータ通信量を超えた時のみとなります。このため、ステップ1からステップ4までは実質的に青天井と言えます。

これまで月末に速度制限が行われ「来月まで少し我慢しよう」などと使うことが多かった人は、自動的にステップアップしてしまうので非常にコストパフォーマンスが悪いと言えます。

新規申し込み終了パック

新しいパケットパック “ベーシックシェアパック” 及び “ベーシックパック” の提供によって既存のパケットパック「シェアパック5/10/15」「ビジネスシェアパック5/10/15」「データSパック」「データMパック」の新規申し込みが2018年5月24日(木曜)で終了してしまいました。

新規申し込みが終了されるだけであって、すでに契約済みであれば使い続けることが可能です。このため、「データSパック」や「シェアパック5」など比較的に安価なデータパックを契約して使っているユーザーで、ベーシックパックおよびベーシックシェアパックの罠に引っかかりそうな人は、機種変更などの際に契約変更されないよう注意した方が良いでしょう。

サイト ドコモオンラインショップ