電話の着信時に電話番号以外が表示される理由とは?

スポンサーリンク
Androidスマートフォン ネットワーク

スマートフォンなどに電話の着信があるとディスプレイに “電話番号” が表示されることが多いですが、それ以外にも『非通知』を始め『公衆電話』や『表示圏外』『通知不可』などが表示されることがあります。

スポンサーリンク

表示内容と理由

電話の着信時に電話番号が表示されるのは、発信者番号通知などの機能によるものです。

スマートフォンなど電話帳の機能を持ったデバイスでは、連携して登録してある名前と共に表示されることが多いでしょう。

しかし、中には『非通知』を始め『公衆電話』や『表示圏外』『通知不可』など電話番号や登録名以外の表示がなされることがありますが、それぞれに意味があります。

表示される文言は機種によって異なる場合があります。

非通知

電話の発信者が「通知を拒否している」場合に表示されます。

通知の拒否は通話ごとに行う場合と全ての通話を拒否にする事もでき、電話番号(名前)を表示するためには相手に許可の設定をしてもらう必要があります。

公衆電話

読んで字の如く「公衆電話から電話をしている」場合に表示されます。

この場合、仮に通知しても通知されるのは公衆電話の電話番号なので、電話を掛けてきた相手を知ることはできません。

表示圏外・通知不可能

前述したように発信者番号通知は機能によるものなので、機能を持っていない環境では『表示圏外』や『通知不可能』などと表示されます。

この表示は、国際電話を始めIP電話などからの着信で表示されることが多いです。

電話するときに可否をするには?

前述した発信者番号通知は電話を掛ける際に設定することができます。

184

電話番号の最初に184を付けると発信者番号通知をオフにして電話を掛けることができます。この時、相手には非通知と表示されます。

18409012345678

186

電話番号の最初に186を付けると発信者番号通知をオンにして電話を掛けることができます。昨今ではデフォルトでオンになっているので、使う頻度は少ないでしょうが、何らかの理由によって発信者番号通知をオフにしている場合でも電話を掛けるごとに一時的にオンにして発信することができます。

18609012345678

常に “184” や “186” で電話を掛ける場合には、電話帳へ登録しておくと便利でしょう。ただし、場合によっては着信時に電話番号と連携した名前が表示去れない場合があるので、その場合には通常の電話番号に追加して登録しておくと良いかもしれません(かけ間違いに注意)。

タイトルとURLをコピーしました