2019-2020冬春モデルのXperiaシリーズはどうなるのか?

会議室 機種情報

一時は人気の低迷が見えたSony MobileのXperiaシリーズですが、2019年の夏モデルとして発表・発売されたハイエンドなスタンダードモデル “Xperia 1” を始め、日本国内ではミドルレンジモデル “Xperia Ace” と言った機種によって人気が盛り返してきました。そこで、2019-2020冬春モデルとなりうる2019年下半期のXperiaシリーズについて “噂” や “予想” を交えて考えてみました。

スポンサーリンク

発表は9月のIFA2019

冬春モデルとなりうる新機種は、例年IFA(国際コンシューマ・エレクトロニクス展)と呼ばれる展示会にて行われており、2019年の開催日は2019年09月06日(金)から2019年09月11日(水)までとなっています。

開催場所がドイツ(ベルリン)なので一般人が簡単に訪れることは難しいですが、前日あたりに各メーカーによるプレスカンファレンスが行われるので、そちらで確認することはできます。

ただし、この段階で発表されるのは海外版(グローバルモデル)であり日本国内のキャリア版と仕様に多少の違いがあるので注意が必要です。

ラインナップ

フラグシップモデルは?

これまで “Xperia Zシリーズ” に始まり “Xperia Xシリーズ” や “Xperia XZシリーズ” などを経て、2019年の夏モデルに新シリーズのXperia 1が発表・発売されました。

ソニーモバイルが提供するXperiaシリーズは、1年の間で “夏モデル” と “冬春モデル” の2回に分かれて新機種の発表・発売が行われており、特に冬春モデルは、Xperia XZXperia XZ1など1年を通しても目玉となるフラグシップな機種が発表される傾向にあります。

このため、例年通りであればフラグシップモデルとなりうるハイエンドなXperia 1シリーズの後継、または新しいXperia 2シリーズの発表が期待できます。

コンパクトモデルへの期待

Xperiaシリーズの冬春モデルは “フラグシップモデル” に加えて “コンパクトモデル” の発売をすることが多いです。

例外もあるため「必ず」とは言えませんが、2019年の夏モデルではコンパクトモデルの発売が無かったため、2019年冬春モデルへの期待は高まります。

過去には、Xperia XZ1シリーズのXperia XZ1 Compactのようにハイエンドモデルと変わらぬ高スペックを持つ機種も発売されていますが、昨今の日本の状況を考えると夏モデルで発売されたXperia Aceのようなミドルレンジモデルとしての可能性が高いかもしれません。

プレミアムモデルは?

これまでスタンダードモデルとは別にXperia XZ Premiumなどのプレミアムモデルが発表・発売されていました。

プレミアムモデルは、4Kディスプレイを搭載するなどの特徴を持っていましたが、2019年の夏モデルであるXperia 1に4K有機ELのディスプレイを搭載したことにより、フラグシップモデル=プレミアムモデルの傾向が強くなりました。

このことから、冬春モデルとして改めてプレミアムモデルを発表するのは期待できないかもしれません。

スペック

有機EL

Xperia 1に4K有機ELを搭載していることからハイエンドな機種へは同等のディスプレイが搭載されるでしょうが、ミドルレンジモデルは従来通りの液晶ディスプレイが採用されるでしょう。

パフォーマンスは?

Xperiaシリーズにおける冬春モデルのスペックは、夏モデルを踏襲することが多いので、Xperia 1からの大幅なスペックは期待できないでしょう。そのため、SoCにSnapdragon 855、RAMは6GB程度を考えておけば大きく外れることは無いと考えています。

Android Qは搭載されるか?

Xperiaシリーズは比較的に新しいAndroid OSバージョンを搭載して発売することが多いですが、OSのリリースタイミングによっては旧機種と同じバージョンが搭載されることもあります。

2019年の次期Android OSバージョンはAndroid Qですが、正式版のリリース日によってはAndroid 9 Pieが搭載されることになります。

ただ、旧バージョンが採用された場合には比較的に早いタイミングでバージョンアップが行われることが多いので、あまり気にする必要は無いかもしれません。

ディスプレイ指紋認証は搭載されるか?

2018年ごろからディスプレイ内に指紋センサーがあるディスプレイ内指紋認証を搭載した機種が増えてきました。

ただ、Xperiaと言えば一時は廃止されたものの「サイドに位置する指紋センサー」が特徴の1つであり、加えてXperia 1/Xperia Aceで復活を果たしたこともあり、ディスプレイ内指紋認証が冬春モデルで採用される可能性は低いでしょう。

もともと他メーカーと比べて「一周遅れ」などと言われることが多いので、採用されるとしても数年後かもしれません。

キャリアの取り扱いは?

フラグシップモデルに関しては、国内でもNTTドコモを初めauやソフトバンクなど主要なキャリアからの発売はあるでしょうが、コンパクトモデルに関しては例年通りNTTドコモのみの発売が有力です。

NTTドコモによる毎年恒例の “2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会” は、例年の日取りから考えると2019年10月半ば頃、発売は1ヵ月後の2019年11月頃が有力です。

auやソフトバンクでも前後の日程で行われるものと期待できます。

タイトルとURLをコピーしました