2019年の夏モデル『Xperia Ace』の発売が発表!

スポンサーリンク
Androidスマートフォン 機種情報

MWC 2019(Mobile World Congress 2019)においても発表されていなかった、Xperiaシリーズの2019年の夏モデルとして “Xperia Ace SO-02L” の発売が発表されました。この機種はNTTドコモからのみ発売されます。

白ロムでXperia Ace SO-02Lを買ってきた
1年半ほどスルーしてきたXperiaシリーズですが、2019年は期待があったのでNTTドコモで販売している “Xperia Ace SO-02L” を白ロムで買ってきました。Xperia 1と迷いましたが冬春モデルへの期待も込めてミドルレン...
スポンサーリンク

基本スペック

Xperiaシリーズにおいてはミドルレンジに位置するモデルです。

同時に発売が発売が発表されたXperia 1と比較して、SoC(CPU)やメモリの性能が抑えられ、それが価格にも反映されており手を出しやすい機種でしょう。また、ワンセグフルセグが無いのは昨今ではメリットとなりうるかもしれません。

NTTドコモでは以前より “Xperia A4” と言った機種を販売しており、名前から察するにも同様の位置づけとなる機種と思われます。

Xperia Ace
(国内モデル)
OS Android 9 Pie
画面サイズ 5 インチ
種類 液晶
解像度 フルHD+
(1080×2160)
SoC Snapdragon 630
RAM 4 GB
内部ストレージ 64 GB
背面カメラ 1200万画素
前面カメラ 800万画素
非接触IC NFC / FeliCa
生体認証 指紋 /
Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4G + 5GHz)
本体カラー パープル
ホワイト
ブラック
本体サイズ 140 x 67 x 9.3 mm
154g
バッテリー 2,700 mAh
充電 USB PD
(USB Power Delivery)
SIMサイズ nanoSIM
(Single SIM)
USB USB Type-C
(USB 3.1)
防水・防塵 IPX5/IPX8・IP6X
その他

※●は特に重要なメインのバンドやプラチナバンド
※1:MFBIにてband 18を内包
※2:UQは利用不可

au・ソフトバンクで使えるのか?

NTTドコモのみの販売と言うこともあり、SIMロック解除して「auで使いたい」「ソフトバンクで使いたい」と言う人も多いでしょう。NTTドコモでは機種が対応するバンドを公開しており、他社での使用可否を調べることができます。

auの場合、バンド1のみの対応となりプラチナバンドなど主要なバンドが使えないので、ソフトバンクの場合、バンド1バンド3に対応してますが、同様にプラチナバンドなどに非対応であるため、使えるエリアが非常に狭くなってしまうでしょう。

このため、たとえSIMロックを解除してもNTTドコモ以外での使用は難しいでしょう。

band ドコモ au
(UQモバイル)
ソフトバンク
(Y! mobile)
Xperia Ace
1 (2.0G)
3 (1.7G)
8 (900M)
11 (1.5G)
18 (800M)
19 (800M)
21 (1.5G)
26 (800M) ●※1
28 (700M)
42 (3.5G) 〇※2

発売日と価格

日本国内での販売は、NTTドコモのみ取り扱いが発表され、6月1日発売予定となっています。価格は48,600円となっています。

サイト ドコモオンラインショップ

タイトルとURLをコピーしました