iTunes for WindowsをWindows10にインストールする方法

スポンサーリンク
Apple製品 PC連携

iPhoneにはデータのバックアップや音楽・動画などを連携するためのパソコン向けソフトウェア “iTunes” があります。MacOSはもちろんWindowsでも使うことができるので、パソコンを所有しているならインストールしておきましょう。

スポンサーリンク

iTunesとは?

Windows 10→iTunes

元々は音楽や動画の再生ソフトとして使われていたApple製の公式ソフトウェアですが、iPodが発売されてからは管理ツールとしての意味合いが強くなっています。iPhoneやiPadもiPod同様に管理することのできるソフトウェアです。Apple製のMac(MacOS)で使えるのはもちろんWindowsを搭載したパソコンでも動作します(iTunes for Windows)。

今回はiTunes for Windowsを例とします。

インストールする手順

  1. Apple公式サイト「iTunes – iTunesを今すぐダウンロード – Apple(日本)」へアクセスし『今すぐダウンロード』をクリックします。

    Web→Apple→iTunes

    メールアドレスの入力は任意です。
    ダウンロードファイルは自動選択されるのでインストール対象のパソコンからサイトにアクセスしダウンロードすることをオススメします。
  2. ダウンロードしたファイルを起動すると “iTunesへようこそ” と表示されるのでインストールを続行する場合には『次へ』をクリックします。

    Windows 10→インストール→iTunes

  3. インストールオプションを任意に設定し『インストール』をクリックします。

    Windows 10→インストール→iTunes

  4. インストールが正常に終了すれば “おめでとうございます” と表示されます。

    Windows 10→インストール→iTunes

インストールは以上です。

アンインストールする手順

iTunesをインストールすると、iTunesだけでなく関連するソフトウェアも自動的にインストールされます。そのため、iTunesを何らかの理由によりアンインストールしたい場合には、それらのソフトウェアも一緒にアンインストールすることをオススメします。

  • iTunes
  • Bonjour
  • Apple Mobile Device Support
  • Apple Application Support(32ビット)
  • Apple Application Support(64ビット)
  • Apple Software Update

iPhoneのバックアップはiCloudを使って本体のみでも可能ですが、一部がバックアップされなかったりするのでパソコンを持っているのであれば、iTunesでバックアップをした方が良いかもしれません。