iPhoneの画面をパソコンにミラーリングする方法

スポンサーリンク
Windows 10→AirPlay Receiver LonelyScreen→ミラーリング iOS

iPhone/iPadなどiOSデバイスに搭載されている “AirPlayミラーリング” とパソコンにインストールした “AirPlay Receiver” を使うことで、iPhone/iPadの画面をパソコンの画面へ表示することができるようになります。

AirPlayミラーリングとは、iPhone/iPadの画面に表示している内容をApple TVなどを経由して、ディスプレイ機器(TVなど)の画面に映し出す機能です。

Apple TVなど専用の機器が必要と思われがちですが、パソコン用のソフトウェアであるAirPlay Receiverをインストールすることで、同様の機能を持たせることが可能です。

Androidスマートフォンでも同様のことが可能です。
スポンサーリンク

AirPlay Receiverをインストールする手順

あらかじめインストールに必要な “インストーラー” をダウンロードしておきます。
サイト AirPlay Receiver
  1. ダウンロードした “インストーラー” を実行し表示内容に問題が無ければ『Install』をクリックします。

    Windows 10→インストール→AirPlay Receiver LonelyScreen

  2. インストール場所を確認し問題が無ければ『Next』をクリックします。

    Windows 10→インストール→AirPlay Receiver LonelyScreen

  3. AirPlay Receiverが起動します。
    画面に「Issue: LonelyScreen is blocked by your Windows firewall.」などと表示される場合は、Windowsファイヤーウォールを確認し必要に応じて操作します。

    Windows 10→AirPlay Receiver LonelyScreen

AirPlay Receiverをインストールするやり方は以上です。

iPhoneからミラーリングする手順

  1. コントロールセンターより『画面ミラーリング』をタップします。

    iPhone→iOS12→コントロールセンター

  2. 画面ミラーリングより『(接続先の名前)』をタップします。
    ミラーリングを止める場合には『ミラーリングを停止』をタップします。

    iPhone→iOS12→コントロールセンター→画面ミラーリング

  3. AirPlay Receiverに表示されます。

    Windows 10→AirPlay Receiver LonelyScreen→ミラーリング

iPhoneからミラーリングするやり方は以上です。

インストールも接続も、特に難しいことなく簡単に接続することができます。

タイトルとURLをコピーしました