iPhoneから流れる音の大きさを変更する方法

Apple製品 iOS

iPhoneには本体の側面に “ボリュームボタン” が備わっており、上下のボタンを押下することで音量を変更することができますが、それ以外にも変更する方法が用意されています。

スポンサーリンク

音の種類

電話機としてだけでなく様々な機能を持つことができるiPhoneのスピーカーからは、様々な “音” が流れます。この音は大きく3つに分類することができ、電話の着信や通知・アラームなどの “着信音量/通知音量” を始め “電話の受話音量” や音楽・動画などの再生時に流れる “音量” があります。

これら3つの音の大きさは、それぞれに独立しており「音楽・動画などの再生時に流れる “音量” のみを消音する」と言ったことも可能ですが、冒頭で紹介したiPhone本体の側面に備わっている “ボリュームボタン” は1組しかないため「どの音量が調節されるのか」が分かりにくくなっています。

このため、それぞれの “音の大きさ” を変更する手順を覚えておくと便利でしょう。

音の大きさを変更する手段

ボリュームボタンで変更する

ボリュームボタンを押下した際に変更されるのは「押下したときに動作しているアプリによって変わる」と言う特徴があります。例えば、通話中であれば “電話の受話音量” が変更されますが、音楽・動画などの再生中は “音量” が変わります。また、何もしていない時には “着信音量/通知音量” が変更されます。

iPhone

また、ボリュームボタンで “着信音量/通知音量” が変更されないようにすることもできます。

参考 iPhone本体のボタンで音楽や動画の “音量” のみを変更する方法

電話の受話音量は通話中以外に変更する術がありませんので注意してください。

コントロールセンターで変更する

iPhoneの液晶ディスプレイの下端から上へスワイプすると表示されるコントロールセンターでは、スピーカーアイコンのスライダーを調節することで音楽・動画などの再生時に流れる “音量” を調節することができます。

iPhone→コントロールセンター

設定から変更する

設定の “サウンド” より『着信音と通知音』のスライダーを動かすことで調節することができます。

iPhone→設定→サウンド

スマートフォンは “着信音量/通知音量” や “(音楽や動画の)音量” が独立している関係で、マナーモードにしていても「音楽や動画の音が再生された」と言ったことがあるので、違いをよく理解して使うようにしたほうが良いでしょう。

参考 iPhoneのマナーモードを設定する方法

タイトルとURLをコピーしました