iPhoneアプリを本体から削除する方法

スポンサーリンク
Apple製品 Tips

iPhoneを始めとしたスマートフォンではアプリをインストールすることで機能を追加することができますが、中には使っていないアプリがインストールされてる人も多いでしょう。プリインストール(プレインストール)されたアプリも含めて、不要なアプリはアンインストールしましょう。

スポンサーリンク

スマホの “アプリ” と言う単位

スマートフォンの機能は “アプリ” と言う単位で提供されています。本体にインストールされたアプリ1つ1つが、それぞれに機能を提供しています。しかし、長年に渡って多くのアプリをインストールしていると、機能が重複しているアプリもインストールされてしまっていることでしょう。アプリを多くインストールすればするほど、本体の動作が重くなる(遅くなる)と言われているので、使わないアプリは取捨選択してアンインストール(削除)すると良いでしょう。昨今では、過去にはできなかったプリインストール(プレインストール)アプリの削除も(一部)できるようになりました。

iPhone→ホーム→Wi-Fi接続時

アプリを削除する手順

  1. ホームに配置された “アプリ” のいずれかをロングタップ(長押し)します。

    iPhone→ホーム→Wi-Fi接続時

    アンインストール(削除)対象のアプリである必要はありません。
  2. アプリアイコンがプルプルと震えたら対象アプリの『×』をタップします。

    iPhone→ホーム→編集

  3. 確認ダイアログの内容を確認し問題が無ければ『削除』をタップします。

    iPhone→ホーム→確認ダイアログ→アンインストール

iPhoneからアプリを削除するやり方は以上です。

iPhoneには多くのアプリが最初からプリインストール(プレインストール)されています。以前はアンインストール(削除)することができず不評でしたが、昨今では一部を除きアンインストールすることができるようになりました。また、アンインストールしたアプリは、プリインストール(プレインストール)アプリも含めて “App Store” から再ダウンロードすることが可能なので、誤って削除してしまった場合でも慌てずに再インストールを行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました