当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

iPhoneのWi-FiやBluetoothを完全にオフにする方法

iPhoneの操作 iOS

iPhoneのコントロールセンターから[Wi-Fi]や[Bluetooth]をオフにしても、一時的にオフになるだけで翌日にはオンになってしまいます。これを完全に停止させるには設定より操作する必要がありますが、操作を省略したいなら【ショートカット】を作成すると便利です。

一時的な停止状態

iPhoneの画面を下端から上へスワイプすると、頻繁に使うであろう様々なスイッチ類が配置されているコントロールセンターが表示されます。

このコントロールセンターは[Wi-Fi]や[Bluetooth]などのオン/オフが可能なので頻繁に利用している人も多いでしょうが、コントロールセンターからオフの操作すると「明日まで近くのWi-Fiとの接続を解除します」や「明日までBluetoothデバイスとの接続を解除します」などと表示され、オフにした機能が再びオンになります。

これは文字通りに一時的にオフになるだけなので、完全にオフにしたい場合には設定より変更する必要があります。ただ、頻繁に使用する場合にはショートカットを作成すればワンタップで「完全にオフにする」こともできます。

コントロールセンターの[Wi-Fi]および[Bluetooth]のアイコンは、オンの時に「青色」・一時停止の時に「白色」・オフ(完全停止)の時に「斜線」となります。意味が分かればアイコンの違いで見分けがつくでしょう。

設定から変更する手順

  1. 設定より【Wi-Fi】または【Bluetooth】をタップします。

    iPhone→iOS15→設定

  2. Wi-Fi(Bluetooth)よりオン/オフを切り替えます。

    iPhone→iOS15→設定→Wi-Fi

設定から変更するやり方は以上です。

ショートカットを作成する手順

オフの場合を例とします。オンにするときは同様に[ショートカット]を作成しても良いですが、[コントロールセンター]から操作することができるので、好みに合わせて使い分けると良いでしょう。
  1. ショートカットアプリの[マイショートカット]より【+】をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→マイショートカット

  2. 新規ショートカットより【ショートカット名】を入力します。
    ショートカット名はSiriに対するコマンド名にもなります(Hey Siri [ショートカット名])。

    iPhoneアプリ→ショートカット→マイショートカット→新規ショートカット

  3. 新規ショートカットより【+アクションを追加】をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→マイショートカット→新規ショートカット

  4. アクションを追加より【Wi-Fiを設定】または【Bluetoothを設定】をタップします。
    数が多いので[Appおよびアクションを検索]より検索すると便利です。

    iPhoneアプリ→ショートカット→マイショートカット→新規ショートカット→アクションを追加

  5. Wi-Fiを設定より【Wi-Fiをオフにする】、またはBluetoothを設定より【Bluetoothをオフ変更】に変更します。
    各箇所をタップすると変更できます。

    iPhoneアプリ→ショートカット→マイショートカット→新規ショートカット→Wi-Fiを設定

  6. Wi-Fiを設定より【×】をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→マイショートカット→新規ショートカット→Wi-Fiを設定

ショートカットを作成するやり方は以上です。

作成したショートカットはウィジェットとしてホーム画面に配置することができます。

iPhoneでウィジェットを使う方法
ウィジェットはホーム画面で動作する「小型化されたアプリ」であり、長らくAndroidスマートフォンの醍醐味とされていましたが、iOS14よりiPhoneでも使えるようになりました。
タイトルとURLをコピーしました