iPhoneのテザリングでインターネットに接続する方法

Apple製品 設定

NTTドコモを始めauやソフトバンクから販売されているキャリア版iPhoneシリーズは、格安SIM(MVNO)のSIMカードを挿入するとテザリングが使えなくなると言われていましたが、iOS8あたりからテザリングできるようになったので設定してみました。

iPhoneのテザリング事情

テザリングは、iPhoneなどのモバイルネットワーク機器をアクセスポイントとして他のネットワーク機器をインターネットへ接続する機能です。Wi-Fiを使った “Wi-Fiテザリング” が一般的ですが、Bluetoothで接続する “Bluetoothテザリング” やUSBケーブル(Lightningケーブルなど)を使った “USBテザリング” があります。

iPhone→テザリング中

テザリングする手順

iPhoneでは “テザリング” のことをインターネット共有と呼んでいます。

インターネット共有を有効にする

  1. 設定より『インターネット共有』をタップします。

    iPhone→設定

  2. インターネット共有よりスイッチをオンにします。

    iPhone→設定→インターネット共有

    Wi-Fiテザリング時に必要なパスワードは “Wi-Fiのパスワード” に記載されていますが、すべて表示されていない場合はタップすることで確認できます。また、任意の文字に変更することも可能です。

インターネット共有を有効にするやり方は以上です。

ネットワーク機器を接続する

Wi-Fi

パソコンなどのWi-Fi機器から、SSID(iPhoneの名前) を選択しインターネット共有を有効にする際に表示されていた “Wi-Fiのパスワード” を使って接続します。

Bluetooth

接続する機器同士でBluetoothペアリングを行い接続します。

USB(Lightning)

Lightningケーブルを使ってiPhoneとパソコンなどのUSB機器を接続します。

テザリング中の表示

テザリング中のiPhoneには画面の上部に接続台数が表示されるので、第三者が勝手に接続していないか確認することが出来ます。

iPhone→テザリング中


Wi-Fiテザリングが馴染みがあり簡単ですが、バッテリーの消費が激しいという欠点があります。Bluetoothテザリングは接続に手間がかかる欠点があるものの、バッテリーの消費はWi-Fiに比較して少ないです。USBテザリングはケーブルを用いる欠点があるものの、パソコンなどから電源供給が行える(充電できる)のでバッテリーの消費は気にならないでしょう。