カメラ

アプリ

iPhoneで写真のジオタグから地図を表示する方法

iPhoneなどのスマートフォンでは、位置情報サービス(GPSなど)を使って撮影した写真(画像)の場所を記録することができますが、記録された位置情報はアプリを使ってGoogleマップなどの地図アプリで表示させることができます。
アプリ

iPhoneのカメラで撮影した写真の “撮影日時” を確認する方法

iPhoneのカメラで撮影した写真(画像)は、写真アプリによって “日付” や “時間” ごとにソートされているので「いつ撮影した写真だろう?」と言うことは少ないですが、別途のアプリを使うと詳細な撮影日時を知ることができます。
Tips

iPhoneで写真の縦位置・横位置を回転させて修正する方法

iPhoneのカメラで写真を撮影すると、撮影された画像の縦位置(長辺が縦)・横位置(長辺が横)が正しく表示されない場合があります。撮影時に気を付けるべきですが、撮影後に気が付いたらiPhoneの “写真” アプリを使って写真(画像)を回転さ...
アプリ

iPhoneのカメラを使って物の長さを測る方法

iOS12のアップデートによって “計測” アプリの新機能が登場し「物の長さを測る」と言うことができるようになりました。iPhoneのカメラを使ったAR機能を用いており簡単に計測することができます。
設定

iPhoneで撮影する動画をWindowsで再生できるフォーマットで保存する方法

iPhoneで撮影された動画(ビデオ)はWindowsパソコンなどでは再生できない場合がありますが、これはiPhoneの設定よりビデオの “録画フォーマット” を変更することで再生できるようにすることができます。
Tips

iPhoneの標準カメラアプリでワイドな写真を撮影する方法

iPhoneの標準カメラアプリでは一般的な写真サイズである “4:3” の縦横比(アスペクト比)で写真(画像)の撮影が行われますが、なぜか “16:9” などワイドな写真を撮影することはできません。しかし、ひと手間を加えるとワイドな写真が撮...
設定

iPhoneの標準カメラアプリでQRコードを読み込む方法

スマートフォンのカメラで “QRコード(二次元バーコード)” を読み込む際には別途のアプリが必要となる場合がありますが、iPhoneではiOS11ではデフォルトのカメラアプリが標準でQRコードの読み込みに対応しました。
Tips

iPhoneのフラッシュLEDを懐中電灯として使う方法

iPhoneを始めカメラ機能が付いたスマートフォンでは撮影時の為にLEDライト(フラッシュ)が備わっていることが多いですが、このフラッシュLEDを流用すると辺りを照らす “懐中電灯” として使うことができるようになっています。
設定

iPhoneのカメラを設定して奇麗に撮影する方法

iPhoneに搭載されているカメラは設定が自動的に行われるため、特に気にすることなく写真や動画が奇麗に撮影できることで有名です。ただ、少し設定を変えるだけで、より奇麗に撮影をすることができるかもしれません。
Tips

iPhoneのカメラアプリを素早く起動する方法

iPhoneを始めとしたスマートフォンにはカメラ機能が搭載されているため、いつでも・どこでも気軽に撮影することが可能になりましたが、シャッターチャンスが「いつ」訪れるかわからないので、素早くカメラを起動できるようにしておきましょう。