iPhoneにおいて4Gをオフにして3Gのみで通信する方法

スポンサーリンク
Apple製品 iOS

一般的には “3G(CDMA方式)” よりも “4G(LTE方式)” の方が通信速度が速いですが、利用者が多い場合などには “3G(CDMA方式)” に切り替えて通信したほうが早くなることがあります。iPhoneでは設定から簡単に切り替えることができるので、速度の低下が気になったら試してみると改善するかもしれません。

Androidスマートフォンでも同様のことが可能です。
スポンサーリンク

3Gのみで通信する手順

  1. 設定より『モバイル通信』をタップします。

    iPhone→設定

  2. モバイル通信より『通信のオプション』をタップします。

    iPhone→設定→モバイル通信

  3. 通信のオプションより『音声通話とデータ』をタップします。

    iPhone→設定→モバイル通信→通信のオプション

  4. 音声通話とデータより『3G』を選択します。
    元に戻す場合は『4G, VoLTEオン』または『4G, VoLTEオフ』を選択します。

    iPhone→設定→モバイル通信→通信のオプション→音声通話とデータ

4Gをオフにして3Gのみで通信するやり方は以上です。

なぜ “3G” の方が早いのか?

携帯電話やスマートフォンに使われている通信方式は “4G(LTE方式)” と “3G(CDMA方式)” に分かれており、5Gを控えた昨今では “4G” を使って通信するスマートフォンが増えています。

大勢のユーザーが一度にスマートフォンを利用する場合には通信が混雑する輻輳状態になりますが、前述したように “4G” で通信するスマートフォンが増えた影響で4Gの回線が混雑することになります。しかし、その反面で “3G” を使った通信には余裕があることが多く、混雑した “4G” よりも余裕がある “3G” の方が「通信速度が速い」と言った逆転現象が発生する場合があります。

輻輳状態の場合には、その場所から移動することが一番の解決策ではあるものの、それが叶わない場合と言うのは往々にしてあるものです。このため、通信速度が極端に遅くなったり通信ができないくなったりした場合には、通信方式を切り替えて “3G” のみで通信するようにすると改善するかもしれません。幸いにも “4G” に対応したiPhoneの多くは “3G” にも対応していることが多いので簡単に切り替えることができます。

ちなみに、4Gが圏外で3Gでしか通信できないような場所に長時間とどまるような場合には、バッテリーの節約にもなるかもしれませんので切り替えてみることをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました