iPhone本体でiOSをアップデートする方法

スポンサーリンク
Apple製品 設定

iPhoneを始めとしたスマートフォンは、iOSなど搭載されているOSのアップデートが行われる場合があります。iPhoneでは手動によるアップデートが主でしたが、iOS12より自動アップデートに対応しました。

スポンサーリンク

iOSのアップデート

iPhoneなどに搭載されているiOSは定期的に行われており、比較的に古い機種まで対応していることが多いです。

ソフトウェア・アップデートと言うとOSによっては自動アップデートされることが多いですが、iOSではiOS12で初めて自動アップデートに対応しました。

もちろん、自動アップデートは強制されるものでは無く、ユーザーの手によってオン/オフを切り替えることができ、オフにすれば手動による任意のタイミングでアップデートを実行できるようになります。

自動アップデートを設定する手順

  1. 設定より『一般』をタップします。

    iPhone→設定

  2. 一般より『ソフトウェア・アップデート』をタップします。

    iPhone→設定→一般

  3. ソフトウェア・アップデートより『自動アップデート』をタップします。

    iPhone→設定→一般→ソフトウェア・アップデート

  4. 自動アップデートより『自動アップデート』のオン/オフを切り替えます。

    iPhone→設定→一般→ソフトウェア・アップデート→自動アップデート

ただし、自動アップデートを実行するには、iPhone本体が “充電中” かつ “Wi-Fi接続” の必要があります。

手動でアップデートする手順

  1. ソフトウェア・アップデートより表示内容をよく読み『ダウンロード』および『インストール』を行います。

    iPhone→設定→ソフトウェア・アップデート

iPhone本体をアップデートするやり方は以上です。

ソフトウェア・アップデートに必要なファイルの容量は、大きくなりがちなので “ダウンロード” および “インストール” には長い時間を要することがあります。このため、就寝中に充電などを行っている場合には、自動アップデートを有効にしておくと便利かもしれません。