iPhoneでSMSを送受信する方法

メッセージ アプリ

これまで日本では利用されることが少なかったSMSですが、昨今ではSMS認証を始め電話番号だけでメッセージのやり取りができる手軽さから利用者も増えてきています。

SMSとは?

Short Message Service(ショートメッセージサービス)の略で、宛先に “電話番号” を指定してテキストメッセージのやり取りを行うための機能です。携帯電話(ガラケー)の時代からサービスが提供されており、日本国内では「ショートメール(NTTドコモ)」「Cメール(au)」と言った名前で呼ばれていますが、日本国内だけでなく世界中で使うことができます。

送受信できる文字数は事業者によって異なりますが、相互に送受信できるのは半角英数字160文字(全角70文字)程度です。

iPhoneでは “iMessage” と呼ばれる同様なサービスがありますが、SMSとの違いはiMessageが “iPhoneのみ” で使用できるのに対してSMSは “デバイスを問わず(Androidでも携帯電話でも可)” 利用できる点、iMessageが “インターネット回線” を用いるのに対してSMSは “電話回線” を用いる点です。また、電話回線を用いるため電話料金が発生するので注意が必要です。

料金は国内への送信が3円/1通ほど、海外への送信が 100円/1通ほどです(事業者によって異なる場合があります)。

SMSの使いかた

iPhoneではプリインストール(プレインストール)されている “メッセージ” アプリを用いて送受信を行います。

送信する手順

  1. メッセージアプリより右上の『新規メッセージアイコン(紙とペン)』をタップします。

    iPhone→アプリ→メッセージ

  2. 新規メッセージより電話番号を直接入力するか、連絡先から引用するには右上の『+アイコン』をタップします。

    iPhone→アプリ→メッセージ

  3. 連絡先より『送信相手』タップします。

    iPhone→アプリ→メッセージ

  4. 送信相手より『電話番号』をタップします。

    iPhone→アプリ→メッセージ

  5. 画面下の “メッセージ” を入力し『送信』をタップします。

    iPhone→アプリ→メッセージ

受信する手順

  1. アプリの一覧より『(受信したメッセージ)』をタップします。

    iPhone→アプリ→メッセージ

  2. 受信したメッセージの内容が表示されます。

    iPhone→アプリ→メッセージ

SMSを送受信するやり方は以上です。

格安SIM(MVNO)ではキャリアメールが使えないことが多いですが、キャリアメールを相手にGmailなどからEメールを送信すると迷惑メール対策などで受信されない場合があるので、そんな時にはSMSでのやり取りが良い連絡手段になるでしょう。