日本国内でSIMフリーiPhoneを購入する方法

スポンサーリンク
Apple製品 Tips

NTTドコモやauにソフトバンクなどのiPhoneは “SIMロック” と呼ばれる状態で販売されています。これまでSIMフリーのiPhoneを購入するには「海外に行って購入する」「海外から輸入する」と言った手段を取る必要がありましたが、昨今ではApple Storeで気軽に買えるようになりました。

スポンサーリンク

iPhone本体のみを買うには?

これまでNTTドコモを始めau・ソフトバンクなどのキャリアから販売されているスマートフォンを購入するには、基本的に回線契約が必要となり「スマートフォンの本体のみを購入する」と言ったことができなかったので、回線契約をせずにスマートフォン本体のみを購入するためには “白ロム” と呼ばれる解約済みの中古スマートフォンを専門店などから購入する必要がありました。しかも、キャリアから販売されるスマートフォンには “SIMロック” が施されており、様々な制約が付きまとうため格安SIMなどで使うためには不都合が多かったです(有料で解除することは可能)。

しかし、iPhoneは日本国内でも「Appleから直接にiPhoneの本体のみを購入する」と言ったことが可能であるため、キャリアの回線契約は必要なく購入することが可能です。しかも、販売されているのはSIMロックされていない “SIMフリー” であるため格安SIMなどで使うのに適しています。

格安SIM使っている場合、特にNTTドコモ・au・ソフトバンクなどから複数のキャリア回線を提供している格安SIM事業者で回線を変更(NTTドコモからauに変更するなど)したり格安SIM事業者を変更したりする際にも、SIMフリースマートフォンが便利です。特にiPhoneはNTTドコモを始めauやソフトバンクなど全てのキャリア回線に対応していることが多いので、機種変更をすることなく回線のみを変えることもできます。

AppleからiPhoneを買うには?

Appleから直接にiPhoneの本体のみを購入するには、インターネットショッピングであるAppleオンラインストアか実店舗であるApple Storeを使います。また、Appleオンラインストアで購入した製品はApple Storeでも受け取ることができるので、在庫の心配があればAppleオンラインストアで手続してからApple Storeに出向くと良いでしょう。

Appleオンラインストアで購入する

Appleオンラインストアは “パソコン” または “スマートフォン” などから利用することができ、対話形式に商品やオプションなどを選ぶことが可能です。

注意点としては購入時に “アカウント” を使うか “ゲスト” で購入するかを選択しますが、ゲストで購入するとキャンセルなどをする際にオンラインではできず電話などを使う必要があるので、アカウントを使って購入しオンラインで各種の手続きができるようにしたほうが便利でしょう。

Apple Storeで購入する

日本国内にあるApple Storeの実店舗は意外(?)と少なく、東京都内では “新宿” を始め “銀座” や “表参道” などしかありません。以前は “渋谷” にもありましたが休業中であり2018年09月現在も再開されていないようです。

Apple Storeの実店舗では、家電量販店のように販売されている商品がディスプレイ(展示)されているので、商品を試してから購入することも可能です。パッケージされた商品の実物をレジに持っていくスタイルでは無く、購入希望の商品を店員に伝えると裏から商品を持ってきて、その場で会計を行います。

店舗では修理受付なども行っているので、開店前に並んでいたりと比較的に込み合っているように見えますが、店員の人数も多いので「新しいiPhoneの発売日」などでなければスムーズに購入できるでしょう。

実際にApple Storeの実店舗に出向き商品を購入してきましたが、家電量販店で家電を買うようにiPhoneを購入することができました。iPhoneだけでなくiPadやMacなど様々な商品がディスプレイされているので、好きな人であれば見ているだけで楽しめるかもしれません。

参考 2018年モデルが発表されたけど iPhone 8 (PRODUCT)RED を買ってきた