iPhoneのカメラを使って物の長さを測る方法

スポンサーリンク
iPhone→カメラ アプリ

iOS12のアップデートによって “計測” アプリの新機能が登場し「物の長さを測る」と言うことができるようになりました。iPhoneのカメラを使ったAR機能を用いており簡単に計測することができます。

スポンサーリンク

計測アプリとは?

iOS12の新機能として登場したアプリで、iPhoneの “カメラ” と “AR機能” を用いてカメラ映像に「対象物の長さ」などを表示してくれるプリインストール(プレインストール)アプリです。

2点間を指定して線を結ぶことで直線の長さを測るほか、矩形(四角形)の長さを自動的に測ることも可能です。

カメラ映像に対して位置を設定するため誤差が生じるため、あまり制度の高い計測には向きませんが、大まかなサイズを測るのには最適でしょう。

アプリ内に登場する「矩形(くけい)」とは “正方形” や “長方形” など四角形のことを指します。

2点間の直線を計測する手順

  1. カメラ映像の中央に表示される “点” を長さを測る対象物の “始点” に合わせ『+』をタップします。

    iPhone→計測アプリ→直線の計測

  2. 同様に今度は “点” を “終点” に合わせ『+』をタップすると長さが計測されます。

    iPhone→計測アプリ→直線の計測

2点間の直線を計測するやり方は以上です。

2点間の直線の他、長方形や正方形であれば自動選択して “縦” と “横” の長さを計測することができます。

矩形の縦横サイズを計測する手順

  1. カメラ映像の中央に計測する対象物を収め、矩形(四角形)に自動選択されたら『+』をタップします。

    iPhone→計測アプリ→矩形の計測

  2. 対象物の “縦” と “横” のサイズが表示されます。

    iPhone→計測アプリ→矩形の計測

矩形の縦横サイズを計測するやり方は以上です。

また、以前はコンパスアプリに搭載されていた “水準器” の機能が計測アプリに移動しています。

参考 iPhoneで家やマンションの傾きを調べる方法
参考 iPhone 8をiOS12へアップデートして変わったこと