iPhoneのSafariでリンクの開き方を選択する方法

スポンサーリンク
Apple製品 Tips

SafariなどのWebブラウザでリンクをクリックした際、対象のWebサイトが “Twitter” や “YouTube” などだとWebページでは無くアプリが起動することがありますが、リンクを開く際に「アプリを開かずにブラウザで開く」など選択をすることができます。

スポンサーリンク

リンクの挙動

Webページのリンクをクリックした際の挙動は、リンク先のWebページへ遷移するのが一般的ですが、リンク先が “Twitter” や “YouTube” などの場合にはアプリが起動することがあります。

これはパソコンなどの関連付けと同じようなものと考えられるので、関連付けを解除できれば「TwitterをWebブラウザで開く」「YouTubeをWebブラウザで開く」と言ったことが可能です。

やり方は「アプリをアンインストールする」のが一番簡単ですが、いちいちアンインストールするのも面倒なので、リンクを開く際に必要に応じて選択すると便利です。

リンクの開き方を選択する手順

  1. Webサイトより『(対象のリンク)』をロングタップ(長押し)します。

    iPhone→Safari→Google検索→Twitter

  2. 表示されたメニューより『(Webブラウザで)開く』や『(アプリ名)で開く』を選択します。

    iPhone→Safari→メニュー→リンク

リンクの開き方を選択するやり方は以上です。

普段はアプリを使っていても、何らかの理由でWebブラウザによる操作がしたい場合には、リンクを開く際に選択すると良いでしょう。なお、使用するWebブラウザによって操作が異なる場合があるので注意してください。

参考 AndroidスマホのChromeでリンクの開き方を選択する方法

タイトルとURLをコピーしました