スマホ版Safariで選択できない文字列を選択できるようにする方法

スポンサーリンク
iPhoneの操作 iOS

Webページの文字列をコピー&ペーストしたい時は多々あるものです。しかし、セキュリティの観点から「コピーできない」ようになっているWebサイトも多く存在しています。iPhoneのSafariでは “デスクトップ用Webサイト” を表示することでコピーできるようになる場合があります。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。
スポンサーリンク

Webページの文字列をコピーするには?

iPhoneのSafariを始めとしたスマートフォンのブラウザでは、対象の文字列をロングタップ(長押し)することで、文字列の選択を開始することができるようになっていることが多いですが、Webサイトによっては選択することができない場合があります。

これは、パソコン等では「右クリック禁止」のような挙動と似ており、Webサイト側で「コピーできない」よう制御しているので、閲覧する側で「コピーできるようにする」と言ったことは簡単ではありません。

しかし、iPhoneのSafariでは “デスクトップ用Webサイト” を使うことで選択することができるようになることがあります。

文字列を選択できるようにする手順

文字列が選択できないのは著作権保護などの意味がある場合も多いので、コピーした内容の取扱いには充分に注意してください。
  1. 対象のWebページを開いたら『デスクトップ用Webサイトを表示』を操作します。

    iPhone→Safari→メニュー

  2. デスクトップ用Webサイトより “(対象の文字列)” を選択します。

    iPhone→Safari→デスクトップ用Webサイト

文字列を選択できるようにするやり方は以上です。

Webサイトによっては同様の挙動にならない場合もあるかもしれないので、1つの手段として覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました