iPhoneの向きに応じて画面を回転させるか設定する方法

スポンサーリンク
Apple製品 設定

iPhoneは一般的に “縦” に持つことがスタンダードとなっていますが “横” に持って使うこともできます。この時、画面の表示が “縦” や “横” に切り替わることがありますが、これは設定によってオン/オフを切り替えることができます。

スポンサーリンク

本体と画面の向き

iPhoneを始めとしたスマートフォンは、本体が縦長であり “縦” に持って使うのが主流ですが、動画などの視聴では “横” にして持つなど時と場合で持ち方が変わります。

iPhoneを始めとしたスマートフォンでは、本体の向きを検知するセンサーが搭載されており、本体の向きに合わせて表示の向きが回転するようにできています。しかし、ユーザー自身が横になって寝ながらスマートフォンを見た場合、センサーは “横” と判断しても、ユーザーは “縦” での表示が見やすい場合もあります。

このため、iPhoneでは「画面を本体の向きに合わせて回転する」ことをデフォルトとし「画面を縦に固定するか否か」をオン/オフできるようになっています。

当初は「縦に固定する」と言うことはできず後から追加された機能であるため、このようなスタンスになっているものと思われます。

固定するか否かを切り替える手順

  1. 画面の下端を “下から上へ” スワイプします。

    iPhone→ホーム

  2. 表示された “コントローセンター” より『画面縦向きのロック』をタップして切り替えます。

    iPhone→コントロールセンター

    画面縦向きのロックは『丸くなった矢印の中に鍵』のアイコンです。
    画像はオフの状態で本体の向きに合わせて画面が回転します。

縦に固定するか否かを切り替えるやり方は以上です。

動画をフルスクリーンで視聴する場合などでは、縦に固定していても横になって表示される場合もあり、絶対的な指定ではないので注意してください。

参考 Androidスマホを画面を向きに応じて自動回転させる方法