iPhoneの電源オン/オフや再起動を行う方法

Apple製品 iOS

iPhone本体には側面に “電源ボタン(パワーボタン)” が備わっており、操作することで「電源をオンにする」電源をオフにする」「画面をロックする」「画面を点灯する」と言ったことができますが、物理ボタンの操作だけでなく設定などからタッチ操作で行うこともできます。

スポンサーリンク

電源ボタンの挙動

iPhoneに搭載されている “電源ボタン(パワーボタン)” は、押下することで「画面をロックする」「画面を点灯する」と言うことを切り替えることができ、長押しすることで「電源をオンにする(電源を入れる)」「電源をオフにする(電源を切る)」と言うことを切り替えることもできます。

iPhoneを使う上で多用する “電源ボタン” ですが、電源ボタンを使わなくとも操作することは可能です。もちろん、電源がオフの状態でタッチ操作による「電源をオンにする」ことはできませんし、画面がロックされている状態でタッチ操作による「画面を点灯する」ことはできません(タッチ操作が無効なため)。

また、電源ボタンでは行えない “再起動” をすることも可能です。

電源をオフにする手順

  1. 設定より『一般』をタップします。

    iPhone→設定

  2. 一般より『システム終了』をタップします。

    iPhone→設定→一般

  3. スライドで電源オフを操作します。

    iPhone→スライドで電源オフ

設定からタッチ操作で電源をオフにするやり方は以上です。

再起動する手順

再起動には、通常の “再起動” の他に操作不能になった場合などに備えた “強制再起動” の2つがあります。

通常の再起動をする手順

一般的に電源ボタンでは “再起動” することができないので、再起動したい場合には「電源をオフにする」「電源をオンにする」と言う一連の操作を行いますが、AssistiveTouchを使うと「電源をオフにする」「電源をオンにする」を一度に行う事ができます。

参考 iPhone本体のボタンやスイッチをタッチ操作で代替する方法

強制再起動する手順

iPhoneがフリーズなどによって一切の操作を受け付けなくなってしまった場合には、強制的に再起動する手段が用意されています。強制再起動する手順はiPhoneのバージョンによって異なるので「再起動できない」と言う場合には手順をよく確認してください。

iPhone 8/iPhone X以降

  1. iPhone本体の『ボリュームアップボタン』を押下します。

    iPhone→ワイヤレス充電

  2. iPhone本体の『ボリュームダウンボタン』を押下します。

    iPhone→ワイヤレス充電

  3. iPhone本体の『電源ボタン』を長押しします。

    iPhone→ワイヤレス充電

iPhone 7

  1. iPhone本体の『ボリュームダウンボタン』『電源ボタン』を同時に押下します。

    iPhone→ワイヤレス充電

iPhone 6以前

  1. iPhone本体の『ホームボタン』『電源ボタン』を同時に押下します。

    iPhone→ワイヤレス充電

画面をロックする手順

AssistiveTouchを使って操作することができます。

参考 iPhone本体のボタンやスイッチをタッチ操作で代替する方法

iPhoneなど電源をオフにすることが少ない機器では、その操作方法を忘れてしまいがちです。特に再起動は通常の操作では行えないので、イザと言う時の為に覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました