iPhoneの電話やメールの着信や通知を一時的にオフにする方法

スポンサーリンク
寝室 設定

夜中だろうと気にすることなく “電話” や “メール” をしてくる人や、アプリから “通知” が届いて安眠できない人も多いでしょう。iPhoneには “おやすみモード” と呼ばれる機能が搭載されており、緊急時の連絡は別として着信や通知が一時的に鳴らないよう制御することができます。

スポンサーリンク

おやすみモードとは?

指定した時刻の間だけ “着信” や ”通知” が鳴らなくなるモードをおやすみモードと呼びます。おやすみモードを就寝予定時刻などに指定しておけば、就寝時に着信や通知で睡眠を邪魔されなくなります。

また、オン/オフを手動で切り替えることもできるので、ゲーム中や動画の視聴中を始め会社の会議などで着信や通知が鳴っては困るという場合などにも使うことができるでしょう。

「完全に着信や通知がオフになっては困る」と言う場合でも緊急時の連絡は鳴らすようにもできるので安心して設定することができます。

設定する手順

おやすみモードに設定していても、緊急の場合など全ての着信が鳴らないのは不便なので、例外を設定しておくことができます。

通知

ロックを解除している間は着信通知を知らせるよう設定することができます。

iPhone→設定→おやすみモード

項目名が “通知” となっていますが、着信も対象になります。

着信

着信を許可する連絡先を指定することができます。ただし、個別に指定することはできず、グループごとに設定するようになっているので “着信可能” なグループを別途に作成すると良いでしょう。また、緊急の電話などのように「繰り返し着信」があった場合に鳴らすことも可能です(3分以内に2度目の着信は鳴らす)。

iPhone→設定→おやすみモード

オンする手順

おやすみモードは “今すぐに開始する” と “時刻の指定” の2種類があります。

すぐに開始する

  1. 設定より『おやすみモード』をタップします。

    iPhone→設定

  2. おやすみモードより『おやすみモード』をオンにします。

    iPhone→設定→おやすみモード

時刻の指定

  1. おやすみモードより『時間指定』をオンにし、追加された “開始/終了” を設定します。

    iPhone→設定→おやすみモード

    時間指定でオン/オフが自動的に切り替わるので、時間外であれば “おやすみモード” はオフの状態になり時間内であればオンの状態になります。

おやすみモードをオンするやり方は以上です。

ライフスタイルによって最適な設定が違うでしょうから、自分に合った設定を模索してみてください。