iPhoneの連絡先に自分自身の情報を登録する方法

スポンサーリンク
受話器 アプリ

iPhoneの “連絡先” アプリには自分自身の情報を登録しておく機能があります。電話番号やメールアドレスだけでなく、自分の健康状態を記載できる “メディカルID” も登録しておくと安心かもしれません。

スポンサーリンク

自分自身の情報

自分自身の連絡先を「覚えていない」と言う人は少数派かもしれません。そう言った意味では自分自身の連絡先をスマートフォン本体に登録しておくことは無意味に思われがちですが、登録しておくことで連絡先の交換や各種アプリとの連携をする場合などに便利に使えるかもしれません。

また、iOS8より導入された新機能に “メディカルID” があり、緊急事態に救急隊員や医師などはもちろん応急措置をしていただける方に向けた自分の健康状態を画面に表示させることができるので、不測の事態に備えて登録しておくとよいでしょう。

iPhone→アプリ→連絡先

連絡先に登録する手順

連絡先に自分自身を登録する

  1. 連絡先アプリより『+』をタップします。

    iPhone→アプリ→連絡先

  2. 新規連絡先より必要事項を入力し『完了』をタップします。

    iPhone→アプリ→連絡先

連絡先を指定する

  1. 設定より『連絡先』をタップします。

    iPhone→設定

  2. 連絡先より『自分の情報』をタップします。

    iPhone→設定→連絡先

  3. 連絡先より『(自分の連絡先)』をタップします。

    iPhone→アプリ→連絡先

連絡先を確認する

  1. 連絡先アプリより『自分のカード』をタップします。

    iPhone→アプリ→連絡先

    連絡先の一覧より “自分” と書かれた項目も同様です。
  2. 登録した情報が表示されます。

    iPhone→アプリ→連絡先

    登録内容を変更したい場合には『編集』をタップします。

連絡先に自分自身の情報を登録するやり方は以上です。

電話番号やメールアドレスのほかに “病気/けが” や “アレルギー” などの項目を登録することができます(メディカルID)。

メディカルIDを使う手順

登録する

  1. 連絡先の “自分のカード” より『編集』をタップします。

    iPhone→アプリ→連絡先

  2. 連絡先の編集より『メディカルIDを作成』をタップします。

    iPhone→アプリ→連絡先

    すでに作成済みの場合には『メディカルIDを編集』をタップします。
  3. メディカルIDより必要事項を入力し『完了』をタップします。

    iPhone→アプリ→連絡先→メディカルID

    緊急時のアクセスより “ロック中に表示” をオンにしていると、入力情報がロック解除なしに表示されるので注意してください。
    メディカルIDを削除する場合には『メディカルIDを削除』をタップします。

表示する

  1. ロック中のパスコード入力画面で『緊急』をタップします。

    iPhone→ロック→パスコード

  2. 緊急電話より『メディカルID』をタップします。

    iPhone→ロック→緊急電話

  3. 登録済みの “メディカルID” が表示されます。

    iPhone→ロック→メディカルID

メディカルIDを使うやり方は以上です。

自分自身のデータは使う機会は少ないかもしれませんが、いざ連絡先を交換することになった場合などに使えるので登録しておくと良いでしょう。ただ、メディカルIDに関してはロックを解除せずに見ることができるため、不必要な人にも閲覧されてしまう可能性があります。これを「個人情報の漏洩」ととるかは利用者の判断に委ねられるところになります。