iPhoneでアプリ毎にモバイルデータ通信をオフにする方法

スポンサーリンク
iPhone 設定

iPhoneを始めとしたスマートフォンで使用するデータ通信容量はYouTubeなど動画コンテンツの普及により年々と増えてきています。そのため、Wi-Fiと併用して使っている人も多いでしょうが、誤ってモバイルデータ通信で使用してしまう場合もあるので、これを防ぐためにもアプリごとにモバイルデータ通信の使用可否を設定しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

モバイルデータ通信の可否

iPhoneでは設定によって「モバイルデータ通信を許可するアプリ」と「モバイルデータ通信を許可しないアプリ」の2つに分けることができます。

このため、比較的にデータ通信量が大容量になりがちなアプリは「モバイルデータ通信を許可しないアプリ」に指定しておけば、誤ってWi-Fiに未接続の状態で通信しようとしても、それを防ぐことができるようになります。

また、YouTubeアプリなどをWi-Fiを使って動画を視聴している際に途中でWi-Fiが切れてしまうと、知らずにモバイルデータ通信を使ってしまう場合がありますが、許可しないアプリに指定したアプリでは通信が切り替わった瞬間に、その旨がダイアログで表示されるので誤って使い続けてしまう心配が無くなるでしょう。

アプリ毎にモバイルデータ通信を設定する手順

  1. 設定より『モバイル通信』をタップします。

    iPhone→設定

  2. モバイル通信の “モバイルデータ通信” よりアプリごとにオン/オフを切り替えます。

    iPhone→設定→モバイル通信

    画像は全てオンの状態です。モバイルデータ通信させるアプリは “オン” にし、通信させたくないアプリは ”オフ” にします。

アプリ毎にモバイルデータ通信を設定するやり方は以上です。

Wi-Fiが不安定な場所にいると「いつの間にかWi-Fiが切れてモバイルデータ通信を使っていた」と言うことがあります。昨今ではスマートフォンで使えるデータ通信容量がシビアになってきたので、無駄に使わないよう細かく設定しておくと良いでしょう。

参考 スマホの『モバイルデータ通信』をオフにするとどうなるのか?