iPhoneでiCloudメールを送受信する方法

スポンサーリンク
手紙 アプリ

iPhoneを使うにはApple IDを取得する必要がありますが、それによって “iCloudメール” のメールアドレスを貰うことができます。

スポンサーリンク

iCloudメールを使うには?

iPhoneのユーザーであれば誰もが “Apple ID” を取得する必要があります。Apple IDには “iCloud” と呼ばれるクラウドサービスが紐づいており、その中の1つにiCloudメールがあります。

このiCloudメールは、別途にメールアドレスを取得する操作が必要ではあるものの、プッシュ通知/自動受信が可能であるため、iPhoneユーザーであれば取得しておいて損はないでしょう。また、メールプロトコルとして “IMAP”が使えるので、パソコンやAndroidスマートフォンでも設定すれば送受信することができます。

参考 メールにおける『POP3』と『IMAP』の違いと『ActiveSync』について

メールを送受信するには?

iCloudメールはApple IDに紐づくため “メールアドレス” の取得さえしてしまえば、iPhoneにApple IDを設定するだけで自動的に送受信することができるようになります。

参考 iPhoneでicloudのメールアドレスを取得する方法

メールを送信する手順

  1. メールアプリより『新規メッセージアイコン』をタップします。

    iPhone→メールアプリ→受信

    新規メッセージアイコンは、右下の “□にペン” のアイコンです。
  2. 新規メッセージより “宛先” を始め “件名” に “本文” を入力し『送信』をタップします。

    iPhone→メール→新規メッセージ

    宛先は “直接入力” するか『+』をタップすることで連絡先の一覧から選択することができます(複数可)。また、宛先の下にある “CC/BCC” は意味があるので注意してください。
    参考 キャリアメールとは違う『Eメール』の基本
    本文の最後に記載される “iPhoneから送信” は消すことができます。
    参考 iPhoneから送信するメールの “iPhoneから送信” を変更する方法

メールを受信する手順

  1. メールアプリの “受信” にある一覧より『(受信したメール)』をタップします。

    iPhone→メールアプリ→受信

    メールボックスが表示されている場合には『受信』をタップします。
  2. メールの内容を閲覧することができます。

    iPhone→メールアプリ→受信→メール

iCloudメールを送受信するやり方は以上です。

iCLoudメールに限らず、メールは自分自身に送信することが可能なので、テストする際には “送信元(差出人)” と “送信先” を同じにすれば、送受信のテストが1度に行うことができ便利です。

参考 iCloudのメールアカウント(@icloud.com)をパソコンへ設定する方法
参考 AndroidでiCloudのメールアカウント(@icloud.com)を設定する方法