iPhoneを画面ロックした状態でのカメラを起動し撮影する方法

iPhoneを始めとしたスマートフォンにはカメラ機能が搭載されているため、いつでも・どこでも気軽に撮影することが可能になりましたが、シャッターチャンスが「いつ」訪れるかわからないので、素早くカメラを起動できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

カメラを起動するには?

iPhoneに限らずスマートフォンのカメラを起動して写真(画像)または動画を撮影するためには “カメラ” アプリを起動するのが一般的です。

しかし、シャッターチャンスが訪れた際に「スリープを解除する」「ロックを解除する」「カメラアプリを起動する」と言う一連の操作をしていては、シャッターチャンスを逃すことになりかねません。また、自分以外の第三者に撮影を依頼する場合、ロックを解除して渡すのは中を見られてしまう可能性があるので、ロックしたまま撮影できるのは非常に便利です。

このため、iPhoneではロック中でもカメラアプリを素早く起動する手段が用意されています。

ロック画面で起動する手順

  1. ロック画面より “右” から “左” へスワイプします。

    iPhone→ロック

  2. ロックを解除せずにカメラアプリが起動します。

    iPhone→アプリ→カメラ

カメラを素早く起動するやり方は以上です。

手間としては「ロックを解除する」が無くなっただけなので、あまり変わらないように思われがちですが、やってみると意外と素早く起動できるのを実感できるでしょう。

参考 iPhoneのカメラを設定して奇麗に撮影する方法

タイトルとURLをコピーしました