iPhoneでGoogleの “ロケーション履歴” を利用する方法

スポンサーリンク
マップ アプリ

GPSなどの位置情報サービスを搭載したiPhoneでGoogleのサービスを利用すると「いつ、どこに行ったのか」がログとして記録できる “ロケーション履歴” を使うことができます。

スポンサーリンク

ロケーション履歴とは?

Googleによるサービスの1つで、スマートフォンなどに搭載された位置情報サービス(GPSなど)を使って記録し、その名の通り履歴として残してくれるサービスです。Googleのサービスであるため、Androidスマートフォンではデフォルトで利用できますが、アプリをインストールすることでiPhoneでも利用することができます。

iPhone→アプリ→Google

アプリ Google アプリを App Store で

ロケーション履歴を設定する手順

  1. アプリを起動したら『次へ』をタップしてチュートリアルを進めます。

    iPhone→アプリ→Google

  2. ログイン画面より『Googleアカウント』でログインします。

    iPhone→アプリ→Google

  3. ログインしたら画面左上の『自分のアイコン(名前)』をタップします。

    iPhone→アプリ→Google

  4. 設定より『アカウント情報』をタップします。

    iPhone→アプリ→Google

  5. アカウント情報より『個人情報とプライバシー設定』をタップします。

    iPhone→アプリ→Google

  6. 個人情報とプライバシー設定より『アクティビティ管理』をタップします。

    iPhone→アプリ→Google

  7. アクティビティ管理より『ロケーション履歴』をタップします。

    iPhone→アプリ→Google

    「ステータスを取得できません」などと表示されてタップできない場合は、アプリに位置情報の利用が許可されてない可能性があります。
    参考 iPhoneで位置情報サービスの稼働を最小限にする方法
  8. ロケーション履歴より “オン” または “オフ” に設定します。

    iPhone→アプリ→Google

iPhoneでロケーション履歴を設定するやり方は以上です。

記録されたロケーション履歴を確認するにはブラウザよりロケーション履歴にアクセスするか、Googleマップアプリの “タイムライン” から表示させることができます。