iPhoneとWindowsを有線接続してファイルをやり取りする方法

スポンサーリンク
Apple製品 Tips

iPhoneの “カメラ” で撮影した写真(画像)や “スクリーンショット” した画像は、本体の内部ストレージに保存されています。何らかの理由によってWindowsなどのパソコンへデータを移動(コピー)したい場合にはLightningケーブルを使って有線接続してしまうのが一番簡単です。

スポンサーリンク

Lightningケーブルの使い道

iPhoneの充電などに使われる “Lightningケーブル” は、充電だけでなくデータ転送にも使うことができます。iPhoneは “iTunes” と呼ばれるパソコン向けソフトウェアを使うことが念頭にあるため、購入時に付属しているLightningケーブルは「Lightning←→USB」となっているものが同梱されています。このため、USB側をWindowsなどのパソコンに挿せば、そのままデータ転送を行うことができます。ただし、Lightningケーブルは「断線しやすい」「壊れやすい」と言うように脆いので、頻繁に使うようであれば専用にケーブルを用意したほうが良いかもしれません。

[cable-lightning]

ファイルのやり取りを行う手順

iPhoneをWindowsなどのパソコンに接続すると、パソコン側からは “メディアデバイス” として認識されます。USBメモリーなどのような “外部ストレージ” では無いため、その取扱いは少し異なるので注意が必要です。
パソコンにiPhoneが認識されない場合には、iTunesをインストールすると改善する場合があります。
参考 iTunes for WindowsをWindows10にインストールする方法
  1. iPhone iPhoneのロックを解除しLightningケーブルで接続します。

    iPhone→ロック

    ロックを解除しないとその後の操作ができずに、パソコン側に「このフォルダーは空です。」と表示されてしまいます。
  2. iPhone ダイアログ “このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?” より、表示内容を確認し問題がなければ『許可』をタップします。

    iPhone→Windows 10 パソコンと接続→このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?

  3. Win10 エクスプローラーの “PC” より『Apple iPhone』→『Internal Storage』とダブルクリックすると内部ストレージにアクセスできます。

    Windows 10→エクスプローラー→PC→Apple iPhone→Internal Storage

    冒頭で表示されたダイアログの通り、パソコンからアクセスできるのは “写真(画像)” や “動画” のみです。ちなみに、画像ファイルは以下に保存されています。

    Internal Storage\DCIM\100APPLE
    

iPhoneとパソコンを接続してファイルのやり取りを行うやり方は以上です。

注意点として、iPhoneからWindows10パソコンへデータをコピー(移動)することは可能ですが、Windows10パソコンからiPhoneへデータをコピー(移動)させることはできませんでした。このため、パソコンからiPhoneへデータを移動させるにはiTunesを使う必要があるようです。

参考 iTunes for WindowsをWindows10にインストールする方法

タイトルとURLをコピーしました