iPhoneに任意の “ID” と “パスワード” の組み合わせを保存しておく方法

スポンサーリンク
Apple製品 iOS

iPhoneにはWebサイトの “ID” と “パスワード” の組み合わせを保存し自動入力してくれる機能がありますが、これを流用してWebサイト以外の組み合わせも保存しておくと便利です。

この記事は公式では無いイレギュラーな内容を含んでいます。したがって、全て自己責任にて行い何がおきても一切の責任は負いません。
スポンサーリンク

認証情報を保存するには?

昨今では様々なサービスの登場によって “ID” と “パスワード” などの認証情報を使用する場面が増えてきました。

サービス側では「他と同じ “ID” と “パスワード” を使わないでください」などと案内されますが、サービスごとに “ID” と “パスワード” を分け記憶しておくことは現実的に不可能かもしれません。

だからと言って、紙に書いて保存をしておくと「紛失」や「盗難」などによって情報の漏洩をしてしまう危険性もあるので、その管理には慎重にならざるを得ません。

そこで、iPhoneの機能である WebサイトとAppのパスワード を流用して “ID” と “パスワード” の組み合わせも保存しておけば便利です。本来はWebサービスで利用する機能ですが、登録した “ID” と “パスワード” は設定した認証によって守られており、後から確認することもできるので紙に書いて保管しておくよりはセキュアでしょう。

参考 iPhoneのSafariでWebサイトのIDとパスワードを自動入力しログインする方法

認証情報を保存する手順

  1. 設定より『パスワードとアカウント』をタップします。

    iPhone→設定

  2. パスワードとアカウントより『AppとWebサイトのパスワード』をタップします。

    iPhone→設定→アカウントとパスワード

  3. 所定の方法で認証します。

    iPhone→設定→パスワードとアカウント→WebサイトとAppのパスワード

  4. パスワードより『+』をタップします。

    iPhone→設定→パスワードとアカウント→WeサイトとAppのパスワード

    すでに保存済みのデータを変更する場合には『(対象のログイン情報)』をタップし、削除する場合には『編集』をタップします。
  5. パスワードを追加より必要事項を入力の上で『完了』をタップします。

    iPhone→設定→アカウントとパスワード→App→Webサイトのパスワード→パスワードを追加

    入力項目の全てが必須であるため、必要の無い項目は任意の文字列(example.comなど)を入力します。

認証情報を保存するやり方は以上です。

認証情報を確認する手順

  1. パスワードとアカウントより『AppとWebサイトのパスワード』をタップします。

    iPhone→設定→アカウントとパスワード

  2. 所定の方法で認証します。

    iPhone→設定→パスワードとアカウント→WebサイトとAppのパスワード

  3. パスワードより『(対象の項目)』をタップします。

    iPhone→設定→パスワードとアカウント→WeサイトとAppのパスワード

  4. 必要な情報を確認できます。

    iPhone→設定→パスワードとアカウント→WebサイトとAppのパスワード→パスワード

認証情報を確認するやり方は以上です。

本来の使いかたとは異なるため、一部に使いにくい部分がありますが、とりあえず保存しておくには良いかもしれません。本格的に使いたいのであれば、専用アプリ等を使用したほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました