iPhoneを脱獄した後に実施するセキュリティ対策方法

iPhoneをJailbreak(ジェイルブレイク)すると、その分セキュリティーが弱まることになります。そのため、最低限のセキュリティー対策を施しておきましょう。

Jailbreak(脱獄)及びそれに関連する事はすべて自己責任です。何がおきても一切の責任は負いません。

スポンサーリンク

セキュリティ対策の手順

パスワードの変更

iOSにデフォルトで設定されているユーザー(rootやmobile)にはパスワードが設定されていますが、全てのiPhoneで同じパスワードが設定されているため、誰でも管理者権限でログインできる状態になっています。そのため、遠隔操作されないようにパスワードの変更をしておきましょう。

『iOS Terminal』のインストール

パスワードを変更するためには、Cydiaからインストールできる『MobileTerminal』と呼ばれるアプリが老舗のようですが、iOS9.1では落ちてしまい起動することができません。
そのため、『iOS Terminal』を使用します。

  1. Cydiaの検索より『iOS Terminal』と検索し、検索結果をタップします。

    iPhone→Cydia→検索→iOS Terminal

  2. 詳細より『インストール』をタップしてインストールします。

    iPhone→Cydia→iOS Terminal→詳細

インストールのやり方は以上です。

パスワードの変更手順

mobileユーザー
  1. アプリはmobileユーザーで起動するので、そのままコマンド『passwd』を入力しエンターキーをタップします。
    mobile$ passwd
  2. “Old password” と表示されたらデフォルトのパスワードである『alpine』を入力しエンターキーをタップし、“New password” と表示されたら新しいパスワードを入力します。
    Changeing password for mobile.
    Old password:
    New password:
    Retype new password:

    パスワード入力時、画面には何も表示されませんが、入力はされていますので間違えないように注意してください。

  3. エラー無く “mobile$” と表示されれば完了です。
    mobile$

mobileユーザーのパスワード変更は以上です。

rootユーザー
  1. 続けてrootユーザーへユーザーを切り替えるため、以下のコマンドを入力します。
    mobile$ su root
  2. “Password” と表示されたらデフォルトのパスワードである『alpine』を入力しエンターキーをタップします。
    Password:
  3. ユーザーがrootに切り替わったら先ほどと同様にパスワードの変更を行います。
    root# passwd
    Changing password for root.
    New password:
    retype new password:
  4. エラー無く “root#” と表示されれば完了です。
    root#
  5. 念のため “exit” でrootユーザーからログアウトしておくと良いでしょう。
    root# exit
    exit
    mobile$

rootユーザーのパスワード変更は以上です。

『OpenSSH』の確認

“OpenSSH” とは遠隔からiOSデバイスへアクセスすることのできるアプリです。そのため、不要なのにインストールされていると悪意のあるユーザーから不正アクセスされてしまうことにもなりかねませんので、インストールされていないか確認します。

  1. Cydiaのインストール済みアプリより『OpenSSH』がインストールされていないことを確認します。

    Cydia→インストール済み→Open SSH

『OpenSSH』を確認するやり方は以上です。

『OpenSSL』ではありませんので注意してください。

まとめ

最低限のセキュリティー対策を紹介しましたが、あまりセキュリティーを気にするようであればJailbreak(脱獄)はやめておいた方が良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました