iPhoneを『低電力モード』のまま維持する方法【要脱獄】

Apple製品 iOS

iPhoneに搭載されている “低電力モード” はバッテリーの充電を行うと自動的に解除されてしまいますが、これを解除されないよう維持することもできます。

Jailbreak(脱獄)及びそれに関連する事はすべて自己責任です。何がおきても一切の責任は負いません。

スポンサーリンク

低電力モードの挙動

低電力モードは、iPhoneのバッテリー残量が一定を下回ると、ダイアログが表示され低電力モードへ移行するか問われるようになっています。

また、手動でも切り替えることができますが、バッテリーを充電することで残量が一定を上回ると自動的に解除されてしまいます。

このため、「低電力モードを常にオンにしておく」と言うことはできないようになっていますが、Jailbreak(脱獄)アプリを使うと可能になります。

『低電力モード』を維持する手順

Jailbreak(脱獄)した上で『LowPowerMode』を使用します。

  1. Cydiaの “検索” より『LowPowerMode』を検索しインストールします。

    Cydia→検索→LowPowerModeCydia→検索→LowPowerMode

  2. iPhoneを再起動します。

作業手順は以上です。

『LowPowerMode』の挙動

『LowPowerMode』はインストールするだけで、常に低電力モードがオンになりますが、逆に言えばオフにすることができなくなります。
オフにしたい場合にはアンインストールするなど『LowPowerMode』を無効にする必要があります。

まとめ

リアルタイム通知がオフになるので、iPhoneよりもiPadなどでの使用が好ましいかもしれません。特にWi-Fi専用機などでは、その効果が絶大でしょう。

タイトルとURLをコピーしました