iPhone / iPad でWi-Fi使用時にモバイル通信をオフにする方法

スポンサーリンク
本 iOS

iPhone / iPad ではWi-Fi使用時もモバイル通信を併用する “Wi-Fiアシスト” 機能が搭載されています。iOS13ではデフォルトでオフになっていますが「データ通信量が増えた!」と言う場合には設定を見直してみると良いでしょう。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。
スポンサーリンク

Wi-Fiアシストとは?

自宅や職場のWi-Fiと違い街中に溢れるWi-Fiスポットには「接続できるが通信できない」と言う場合が多々あります。このようなWi-Fiに接続し気が付かずにいると、通信できない時間が発生することになり、メールやメッセージの受信に影響がでることがあります。

このため、Wi-Fiの接続状況に応じて自動的にモバイル通信に切り替える機能をWi-Fiアシストと呼びます。この機能はデフォルトでオフとなっているようなので、必要に応じてオン/オフを切り替えると良いでしょう。

ただし、オンにすると場合によっては「データ通信量が増えた!」と言ったことになる可能性があるので注意してください。

Wi-Fiアシストを設定する手順

  1. 設定より『モバイル通信』をタップします。

    iPhone→設定

  2. モバイル通信より『Wi-Fiアシスト』のオン/オフを切り替えます。
    オンにするとWi-Fiの接続状況が悪いときにモバイル通信が使われます。

    iPhone→設定→モバイル通信

Wi-Fiアシストを設定するやり方は以上です。

Wi-Fiの自動接続をオフにすることもできるので、状況に合わせて使い分けると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました