当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

iPhoneでウィジェットを使う方法

iPhoneの操作 iOS

ウィジェットはホーム画面で動作する「小型化されたアプリ」であり、長らくAndroidスマートフォンの醍醐味とされていましたが、iOS14よりiPhoneでも使えるようになりました。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。

ウィジェットとは?

ウィジェットとは「小さな部品」を意味する言葉ですが、スマートフォンにおいては「ホーム画面で動作する小型化されたアプリ」を指すことが多いです。

スマートフォンアプリは、特殊な機能(Slide Over / Split View など)を除き、1つしか動作させることができませんが、画面に表示したウィジェットは個々で動作することができます。

Androidスマートフォンでは初期のころから使うことができましたが、iPhoneはiOS14以降で使えるようになりました。

ウィジェットを配置する手順

  1. ホーム画面より【何も無い所】をロングタップ(長押し)します。

    iPhone→ホーム

  2. ホームの編集より【+】をタップします。

    iPhone→ホーム→編集

  3. ウィジェットの一覧より[(任意のウィジェット)]を選択し【+ウィジェットを追加】をタップします。

    iPhone→ホーム→編集→ウィジェットiPhone→ホーム→編集→ウィジェット

  4. ホームに[(選択したウィジェット)]が追加されます。
    ウィジェットは他のアプリアイコンと同様の操作で移動することができます。

    iPhone→ホーム→ウィジェット→発信

ウィジェットを配置するやり方は以上です。

ウィジェットを削除する手順

  1. ホーム画面より【何も無い所】をロングタップ(長押し)します。

    iPhone→ホーム

  2. ホームの編集より[(対象のウィジェット)]の【-】をタップします。

    iPhone→ホーム→編集

ウィジェットを削除するやり方は以上です。

アプリをダウンロード&インストールすることでウィジェットが追加されますが、ウィジェットはアプリによって提供されているものであり、好きなアプリをウィジェットとして配置することはできません。

そのため、例えば「天気ウィジェットが欲しい」と言う場合には「天気ウィジェットを提供しているアプリをダウンロード&インストールする」必要があります。

タイトルとURLをコピーしました