iPhoneとiPadなどでクリップボードを共有する方法

スポンサーリンク
Apple製品 iOS

iPhoneやiPadなど複数のAppleデバイスを所有している場合には、ユニバーサルクリップボードを使うと各デバイス間でデータの共有を簡単に行うことができます。

スポンサーリンク

ユニバーサルクリップボードとは?

同じApple IDでiCloudにログインしたiPhoneやiPadなどではクリップボードを共有することができ、これをユニバーサルクリップボードと呼びます。

この機能を使用する際には、Handoffを始めBluetoothWi-Fiを有効(オン)にしておく必要があります。

共有は “テキスト” だけでなく “画像” や “動画” もできます。

文字列などをコピーした際に一時的に保存しておく機能をクリップボードと呼びます。

クリップボードを共有する手順

クリップボードは原則として1つのアイテムしか保持することができず、コピーするたびに上書きされるので注意してください。
  1. 一方のデバイスで『(対象のテキストなど)』をコピーします。
    クリップボードに保持されます。

    iPhone→iOS13→メモアプリ→テキスト→メニュー

  2. もう一方のデバイスでペースト(貼り付け)します。
    クリップボードの内容が自動的に転送されます。

    iPhone→iOS13→メモアプリ→テキスト→メニュー

クリップボードを共有するやり方は以上です。

ペースト(貼り付け)するタイミングで転送が開始されるので、容量によっては完了までに時間を要する場合があります。

タイトルとURLをコピーしました