iPhone / iPadで入力される空白のサイズ切り替えを設定する方法

スポンサーリンク
iPhoneの操作 iOS

iOS 13より “スマート全角スペース” と呼ばれる機能が搭載され「日本語入力は全角」「英字入力は半角」とスペース(空白)が自動的に切り替わるようになりましたが「常に半角を使う」と言う人はオフにすることができます。

スポンサーリンク

半角と全角の違い

一般的には「幅の大きさ」と理解すれば良く、その名の通り “半角” は “全角” の半分の横幅になります。

もう少しシステム的な話をすれば、基本的に半角は1バイトであるのに対して全角は2バイトとなります。そのため、半角で入力したほうがテキストのサイズが小さくなります。

iOS 13より搭載された “スマート全角スペース” は、オンにすると「日本語入力は全角」「英字入力は半角」と自動的に切り替わり、オフにすると「全て半角」で入力されるので、好みに合わせて切り替えると良いでしょう。

スマート全角スペースを設定する手順

  1. 設定より『一般』をタップします。

    iPhone→設定

  2. 一般より『キーボード』をタップします。

    iPhone→設定→一般

  3. キーボードより『スマート全角スペース』のオン/オフを切り替えます。

    iPhone→設定→一般→キーボード

スマート全角スペースを設定するやり方は以上です。

ちなみに “フリック入力” では無く “QWERTYキーボード入力” にすると全角・半角を任意に切り替えて入力することができます。

タイトルとURLをコピーしました