iPhoneを常に低電力モードで使う方法

スポンサーリンク
iPhoneの操作 iOS

iPhoneに搭載されている低電力モードはバッテリーの充電を行うと自動的に解除されてしまいますが、ショートカットアプリの “オートメーション” を使うことで「低電力モードを常時オンにする」ことができます。

以前であれば、Jailbreak(脱獄)した上でLowPowerModeを使用する必要がありましたが、Jailbreak(脱獄)不要でできるようになりました。
スポンサーリンク

低電力モードの挙動

低電力モードは、iPhoneのバッテリー残量が一定を下回るとダイアログが表示され「低電力モードへ移行するか」を問われるようになっています。また、バッテリー残量が充分に残っていても手動でも切り替えることができます。

この低電力モードは、自動・手動に関わらずバッテリーを充電することで残量が一定を上回ると自動的に解除されてしまうため「低電力モードを常にオンにする」と言うことはできないようになっています。

そこで、ショートカットアプリで「低電力モードがオフになったら、低電力モードをオンにする」と言ったようなオートメーションを作成すると、低電力モードを常にオンの状態にすることができます。

オートメーションを作成する手順

  1. ショートカットアプリの “オートメーション” より『個人用オートメーションを作成』をタップします。
    既に他のオートメーションが作成されている場合は『+』をタップしてから操作します。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション

  2. 新規オートメーションより『低電力モード』をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション

  3. 新規オートメーション(低電力モード)より “オフ時” のみにチェックし『次へ』をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション

  4. アクションより『+アクションを追加』をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション

  5. アクションより『低電力モードを設定』をタップします。
    数が多いので “Appおよびアクションを検索” より検索をオススメします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション

  6. アクション(低電力モード)より “低電力モードをオン変更” にし『次へ』をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション

  7. 新規オートメーションより “実行前に尋ねる” をオフにし『完了』をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション

オートメーションを作成するやり方は以上です。

このオートメーションをオンにすると、自動・手動を問わず低電力モードをオフにすることができなくなるので、オフにしたい場合にはオートメーションを “無効” にするか “削除” する必要があります。

オートメーションを無効にする手順

  1. ショートカットアプリの “オートメーション” より『(対象のオートメーション)』をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション

  2. オートメーションを編集の “このオートメーションを有効” をオフにし『完了』をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→オートメーションを編集

オートメーションを無効にするやり方は以上です。

オートメーションを削除する手順

  1. ショートカットアプリの “オートメーション” より『(対象のオートメーション)』を右から左へスワイプします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション

  2. 対象のオートメーションより『削除』をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→削除

オートメーションを削除するやり方は以上です。

低電力モードにするとバックグラウンドでの動作が制限されるので、iPhoneよりもiPadなどで使うほうが使い勝手が良いかもしれません。特にWi-Fiのみで運用しているデバイスでは、その効果が高いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました