当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

iPhoneで[〇〇に電話をかけるボタン]を作成する方法

iPhoneの操作 iOS

iPhoneは比較的に操作が易しいスマートフォンですが、操作に不慣れな人には「電話をかけるのも一苦労」と言う場合もあるでしょう。そんな時には[〇〇にワンタップで電話するボタン(ウィジェット)]を作ってあげると少しは使いやすくなるかもしれません。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。

電話をかけるには?

iPhoneで電話をかけるには[連絡先アプリを開く]→[連絡先を選択する]→[発信する]などの手順を踏む必要があります。

慣れた人であれば当たり前の操作も、操作に不安がある人(子供お年寄りなど)は戸惑ってしまうかもしれません。そこで、〇〇にワンタップで電話をかけるボタンを用意しておけば、簡単に操作できるかもしれません。

iPhoneのショートカットアプリには、「(連絡先)に発信する」と言うショートカットを作成することができ、これはウィジェットとしてホーム画面に大きく配置することができるので、あらかじめ用意しておけば便利かもしれません。

ショートカットを作成する手順

  1. ショートカットアプリの[マイショートカット]より【+】をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→マイショートカット

  2. 新規ショートカットより【ショートカット名】を入力します。
    ショートカット名はSiriに対するコマンド名にもなります(Hey Siri [ショートカット名])。
  3. 新規ショートカットより【+アクションを追加】をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→マイショートカット→新規ショートカット

  4. アクションを追加より【発信】をタップします。
    数が多いので[Appおよびアクションを検索]より検索すると便利です。

    iPhoneアプリ→ショートカット→マイショートカット→新規ショートカット→アクションを追加

  5. 新規ショートカットより【連絡先】をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→マイショートカット→新規ショートカット→発信

  6. 連絡先より【(対象の連絡先)】をタップします。

    iPhone→連絡先の選択

  7. 新規ショートカットより【×】をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→マイショートカット→新規ショートカット→発信

  8. マイショートカットに追加されたことを確認します。

    iPhoneアプリ→ショートカット→マイショートカット

ショートカットを作成するやり方は以上です。

作成したショートカットはウィジェットとしてホーム画面に配置することができます。

発信ショートカットの使いかた

  1. ホーム画面に[ショートカット]ウィジェットを配置します。
    iPhoneでウィジェットを使う方法
    ウィジェットはホーム画面で動作する「小型化されたアプリ」であり、長らくAndroidスマートフォンの醍醐味とされていましたが、iOS14よりiPhoneでも使えるようになりました。
  2. ウィジェットをタップすると電話がかかります。

    iPhone→ホーム→ウィジェット→発信

発信ショートカットの使いかたは以上です。

逆に言えば、タップするだけで電話がかかってしまうので、発信先には注意してください。

タイトルとURLをコピーしました