iPhoneのSafariでWebサイトのURLを共有する方法

Apple製品 iOS

iPhoneのWebブラウザ “Safari” などで閲覧しているWebサイト(URL)を、TwitterやFacebookなどのSNSを使って投稿したい場合には、共有ボタンを使うことで簡単にできます。

スポンサーリンク

WebサイトをSNSに投稿

自分が閲覧しているサイトが「面白かった」「皆に教えたい」と言うときには、TwitterやFacebookを使って投稿することはよくやられています。

しかし、中にはWebサイトをスクリーンショットした画像をアップロードしている人を見かけることがあります。伝えたい内容が伝われば問題ないですが、見る側からすれば「全部見たい」と思うかもしれないので、同じWebサイトを見ることができるURLを投稿すると良いでしょう。

iPhoneなどのiOSデバイスにプリインストール(プレインストール)されているWebブラウザ “Safari” には、閲覧しているWebサイトのURLを外部アプリに共有する機能が搭載されており、簡単に操作することができます。

WebサイトのURLを共有する手順

  1. Safariで対象のWebサイトを表示させたら、画面下部の中央に表示されている『共有ボタン』をタップします。

    iPhone→Safari→モバイルページ

  2. 共有メニューより『(対象のアプリ)』を選択します。
    表示されていない場合には『その他』よりオンにします。

    iPhone→共有

WebサイトのURLを共有するやり方は以上です。

昨今のWebサイトには各SNSへの投稿を促すボタンが表示されていることがあるので、それを使っても同じことができます。しかし、依然として表示していないWebサイトも多いので、その場合にはWebブラウザの機能を使うと良いでしょう。

参考 AndroidスマホのChromeブラウザでWebサイトのURLを共有する方法

タイトルとURLをコピーしました