iPhoneのカメラをスキャナーにする方法

スポンサーリンク
iPhone→カメラ iOS

スマートフォンのカメラを使って、紙の文書ファイルを電子ファイルにスキャンするのは以前から行われています。アプリが必要と思われがちなスキャン機能ですが、iPhoneではプリインストール(プレインストール)された “メモ” アプリに機能が搭載されており、ダウンロード&インストールすることなくアプリ不要でスキャンすることができます。

保存しておきたい対象物をカメラで撮影することは良く行われていますが、あくまでも写真として残しておくだけであり、一般的なスキャナーのような電子ファイルにはなりません。

iPhoneのメモアプリを使った撮影では、斜めになっていたり対象以外が映り込んでいたりしても、トリミングなどの修正を加えて保存してくれます。

AndroidスマートフォンではGoogleドライブアプリを使って同様のことができます。
スポンサーリンク

メモアプリで文書をスキャンする手順

  1. メモアプリより『+』をタップします。

    iPhoneアプリ→メモ

  2. 表示されたメニューより『書類をスキャン』をタップします。

    iPhoneアプリ→メモ

  3. カメラに “(対象物)” を収めます。
    シャッターは自動で切れる場合がありますが、画面右上の『自動』『手動』より切り替えることができます。

    iPhoneアプリ→メモ

メモアプリで文書をスキャンするやり方は以上です。

スマートフォンのカメラは比較的に性能が良いので、思っている以上に奇麗にスキャンできるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました