iPhone / iPad でマウスを接続して使う方法

スポンサーリンク
Apple製品 iOS

スマートフォンやタブレットは、タッチパネルを “指” で操作するものですが、iPhoneではiOS 13より一般的な “マウス” を使うことができるようになりました。タッチパネルが使えなくなってしまうと操作不能になるので、マウスを使えるよう準備しておくと良いでしょう。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。
スポンサーリンク

使えるマウスは?

iPhoneで使用できるマウスは、特別 “対応製品” を用意する必要はありません。そのため、Windowsパソコンなどで使用している(使用できる)マウスであれば、ほとんど製品で操作可能です。

ただし、マウスの接続にBluetoothもしくはUSBを用いるため、マウスの接続が対応している必要があります。

また、iOSではAssistiveTouchの機能を用いるので、これをオンにする必要があります。

Bluetoothで無線接続する手順

Bluetoothマウスを使用する場合にはペアリングと呼ばれる接続操作が必要になります。

ペアリングする

設定の直下にある “Bluetooth” ではできないようで、AssistiveTouchより行います。
  1. AssistiveTouchよりオンにします。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→AssistiveTouch

  2. AssistiveTouchより『デバイス』をタップします。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→AssistiveTouch

  3. デバイスより『Bluetoothデバイス…』をタップします。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→AssistiveTouch→デバイス

  4. Bluetoothデバイスより『(対象のデバイス)』をタップします。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→AssistiveTouch→デバイス→Bluetoothデバイス

ペアリングするやり方は以上です。ペアリングは初回のみで、次回以降はマウスの電源をオンにするだけで接続されます。

接続されるとマウスポインタが表示されますが、Windowsのような “矢印” では無く “〇” で表示されます。

マウスの各ボタンには、それぞれに機能を割り当てることができます。

ボタンを設定する手順

デフォルトは、左クリックが “シングルタップ” で右クリックが “メニューを開く” となっており、スクロールボタンは “ホーム” となっています。
  1. デバイスより『(接続済み装置)』をタップします。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→AssistiveTouch→デバイス

  2. 対象のマウスより『ボタン1』『ボタン2』『ボタン3』に機能を割り当てます。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→AssistiveTouch→デバイス→マウス

ボタンを設定するやり方は以上です。

ポインタのスタイルを変更する手順

  1. AssistiveTouchより『ポインタのスタイル』をタップします。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→AssistiveTouch

  2. ポインタのスタイルより『(サイズ)』『(カラー)』などを変更します。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→AssistiveTouch→ポインタのスタイル

ポインタのスタイルを変更するやり方は以上です。

また、操作しないとポインタは非表示になりますが、これは「常に表示させる」「消える時間を変更する」ことができます。

ポインタの表示を変更する手順

  1. ポインタのスタイルより『自動的に非表示』をタップします。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→AssistiveTouch→ポインタのスタイル

  2. 自動的に非表示よりオン/オフを変更し、必要に応じて『(時間)』を変更します。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→AssistiveTouch→ポインタのスタイル→自動的に非表示

ポインタの表示を変更するやり方は以上です。

操作のしかた

マウスを使ったことがあれば特に困ることは無いでしょう。前述したようにボタンの役割は変更することができるので、好みに合わせて変更すると使い勝手が良くなるかもしれません。

スクロールマウスの場合にはスクロールにも対応していますが、Windowsなどの一般的な動作とは逆に動くので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました