iPhone / iPad でマウスを接続して使う方法

スポンサーリンク
Apple製品 iOS

スマートフォンやタブレットは、タッチパネルを “指” で操作するものですが、iPhoneではiOS / iPadOS 13より一般的な “マウス” を使うことができるようになりました。タッチパネルが使えなくなってしまうと操作不能になるので、マウスを使えるよう準備しておくと良いでしょう。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。
スポンサーリンク

使えるマウスは?

iPhoneで使用できるマウスは、特別 “対応製品” を用意する必要はありません。そのため、Windowsパソコンなどで使用している(使用できる)マウスであれば、ほとんど製品で操作可能です。

ただし、マウスの接続にBluetoothもしくはUSBを用いるため、マウスの接続が対応している必要があります。

また、iOS / iPadOS 13.3ではAssistiveTouchの拡張でしたが、iPadOS 13.4では正式に対応しています。

iBUFFALO Bluetooth3.0 BlueLEDマウス 静音/3ボタン ブラック BSMBB21SBK
iBUFFALO Bluetooth3.0 BlueLEDマウス BSMBB21SB

ペアリングするには?

iOS / iPadOS 13.3では設定の “AssistiveTouch” から操作していましたが、iPadOS 13.4では “Bluetooth” より操作できるようになっています。

ペアリングは初回のみで、次回以降はマウスの電源をオンにするだけで接続されます。接続されるとマウスポインタが表示されますが、Windowsのような “矢印” では無く “〇” で表示されます。

また、マウスをペアリングモードにする必要がありますが、操作は機種によって異なるため、取扱説明書などを確認しておくとスムーズです。

Bluetoothからペアリングする手順

  1. 設定より『Bluetooth』をタップします。

    iPad→設定→Bluetooth

  2. Bluetoothより『(対象のデバイス)』をタップします。

    iPad→設定→Bluetooth

Bluetoothからペアリングするやり方は以上です。

AssistiveTouchからペアリングする手順

  1. AssistiveTouchよりオンにします。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→AssistiveTouch

  2. AssistiveTouchより『デバイス』をタップします。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→AssistiveTouch

  3. デバイスより『Bluetoothデバイス…』をタップします。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→AssistiveTouch→デバイス

  4. Bluetoothデバイスより『(対象のデバイス)』をタップします。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→AssistiveTouch→デバイス→Bluetoothデバイス

AssistiveTouchからペアリングするやり方は以上です。

操作のしかた

マウスを使ったことがあれば特に困ることは無いでしょう。前述したようにボタンの役割は変更することができるので、好みに合わせて変更すると使い勝手が良くなるかもしれません。

スクロールマウスの場合にはスクロールにも対応していますが、デフォルトではWindowsなどの一般的な動作とは逆に動くので注意してください(逆に変更することも可)。

また、接続したマウスは設定より『ボタンに機能を割り当てる』『マウスのスクロールを反転させる』『ポインタを常に表示させる(ポインタアニメーションをオフにする)』など変更することができます。

設定 > 一般 > トラックパッドとマウス

設定 > アクセシビリティ > AssistiveTouch > デバイス

設定 > アクセシビリティ > ポインタコントロール

タイトルとURLをコピーしました