当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

iPhoneで画像内のテキストをコピペする方法

iPhoneの操作 iOS

iOS15では写真(画像)内のテキストを認識する機能[Live Text]が搭載されており、選択しコピー&ペーストができるようになっています(いわゆるOCR)。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。

Live Textとは?

iOS15から搭載された「テキスト認識表示」の機能をLive Textと呼びます。

Live Textは、画像内に写された文字列を「自動的に文字列と認識する」「「コピー&ペーストする」「翻訳する」と言ったことができるようになります。撮影した写真はもちろん、カメラを通した映像に対してリアルタイムに行うことも可能です。

この機能は、設定よりオン/オフを切り替えることができ、デフォルトでオフになっている場合があるので、使う前に設定を確認しておくと良いでしょう。

2021年12月の時点では[日本語]に対応していないので注意してください。

Live Textを設定する手順

  1. 設定より【一般】をタップします。

    iPhone→iOS15→設定

  2. 一般より【言語と地域】をタップします。

    iPhone→iOS15→設定→一般

  3. 言語と地域より【テキスト認識表示】のオン/オフを切り替えます。

    iPhone→iOS15→設定→一般→言語と地域

Live Textを設定するやり方は以上です。

Live Textの使いかた

カメラで使う手順

  1. カメラアプリより被写体を画角に収め【Live Textアイコン】をタップします。
    Live Textアイコンは、画角の右下にある【□に三】のアイコンです。元に戻す場合はもう一度タップします。

    iPhoneアプリ→カメラ→Live Text

  2. テキストを自動的に認識し表示されるので、通常のテキストと同様に選択し【コピー】【すべてを選択】【調べる】【翻訳】などをタップします。

    iPhoneアプリ→カメラ→Live Text

画像で使う手順

  1. 写真アプリより対象の画像を表示し【Live Textアイコン】をタップします。
    Live Textアイコンは、画角の右下にある【□に三】のアイコンです。元に戻す場合はもう一度タップします。

    iPhoneアプリ→写真→Live Text

  2. テキストを自動的に認識し表示されるので、通常のテキストと同様に選択し【コピー】【すべてを選択】【調べる】【翻訳】などをタップします。

    iPhoneアプリ→写真→Live Text

Live Textの使いかたは以上です。

日本語に対応していないのが残念ですが、カメラで写した映像に対してリアルタイムに操作できるので、「読めない外国語」などに使うと便利でしょう。

iPhoneで画面上の二次元コードをスキャンする方法
二次元コードは「カメラでスキャンする」と言うのが一般的ですが、写真アプリなど内部ストレージに保存した「二次元コードの画像からスキャンする」と言うこともできます。
タイトルとURLをコピーしました