白ロムiPhoneを買ったので初期設定してみた

スポンサーリンク
Apple製品 設定

iPhoneを久しぶりに購入しました。購入したのはdocomo版iPhone5S(ME332J/A)の白ロムです。色々とやるべきことがあるので忘れないようにやることをメモっておきます。

スポンサーリンク

iPhone5sにして買ったもの

iPhone5sを購入したので周辺アイテムも買い替えです。液晶保護フィルムとケース、ケーブルを買いました。

ケース&カバー

中古の白ロムは傷がついていることも多いので、ケースやカバーを付けたほうが見た目にも綺麗です。また、保護フィルムを付けると、液晶面などの傷も見えにくくなるのでオススメです。

参考 iPhone SEを守る液晶保護フィルムとケース&カバーの選びかた

iPhone 5sはiPhone SEと同じ筐体なので、保護フィルムを始めケースやカバーが共有でる製品が多いです。

Lightningケーブル

純正のLightningケーブルは壊れやすいと聞いたので壊れる前にサードパーティ製のケーブルを買いました。Ankerと言うメーカはモバイルバッテリーで有名なメーカです。品質と評判の高いメーカなので壊れやすいとの噂のLightningケーブルでも大丈夫だろうとの思惑です。とは言ってもLightningケーブル自体が構造的にもろそうなので大事に使いたいと思います。

[cable-lightning]

感想としてはサードパーティ製のケーブルはコネクタ部分のサイズが心配でした。ケースをつけたまま充電するつもりで、ケース自体のコネクタの穴はそこそこ大きく開いていますが、純正ケーブルぐらいのサイズじゃないと少々厳しいかなと心配していましたが、問題なく刺さるようなので安心です。

iPhoneの初期化

必須の作業ではありませんが、中古の白ロムは稀に不要なデータが残っている場合があるので一度は初期化をした方が良いでしょう。

参考 iPhoneの初期化を本体から行う方法

Apple IDの作成

iPhoneを利用するためには Apple ID が必要です。

参考 Apple IDを作成する方法

接続設定

今回購入したiPhone5SはMVNO(格安SIM)である OCNモバイルONE で使用する為に購入したので設定します。

参考 iPhoneで格安SIMを使えるように設定する方法


とりあえず、これで最低限は使用できる状態になりました。その他の細かい設定などは個別に紹介していこうと思います。