iPhoneで技適マークを確認する方法

スポンサーリンク
Apple製品 iOS

格安SIM(MVNOなど)の登場により海外で販売されているSIMフリーなグローバルモデルの需要が高まっていますが、これらのスマートフォンを日本国内で使用するためには “技適マーク” が必要です。比較的に新しいiPhoneは、全て同じ筐体が使われていることが多い為、日本国内で販売されている機種と同じであれば問題になることは少ないですが確認しておくと安心です。

Androidスマートフォンでも同様に確認できます。
スポンサーリンク

『技適マーク』ってなに?

日本で使用するスマートフォンには技適マークが付いている必要があります。

技適マークとは、日本国内で電波を発信するためには法令により「技術基準適合証明」または「技術基準適合認定」の一方もしくは両方の認証を受ける必要があります。この認証を受けた機器には、認証を証明する技適マークが付けられます。ちなみに、もし仮に認証を受けずに電波を発信した場合には電波法違反になる恐れがあります。

そのため、海外で販売されているスマートフォンを購入し日本国内で使用する場合には『技適マーク』の有無を確認する必要があります。

技適マークを確認する手順

以前は「見やすい箇所に表示」と言う決まりでしたが、昨今では「ディスプレイ上にソフトウェアで表示可能」となったので設定から閲覧できます。
  1. 設定より『一般』をタップします。

    iPhone→設定

  2. 一般より『認証』をタップします。

    iPhone→設定→一般

  3. 認証より “Japan” の表示を確認します。

    iPhone→設定→一般→認証

技適マークを確認するやり方は以上です。

2016年5月21日に電波法が改正され、技適マーク無し端末でも条件付きで使用できるようになりましたが “訪日外国人向けの施策” がメインのようで、細かく確認する必要があるので今回の記事では触れていません。詳細を知りたい場合には総務省のページを参照してください。

参考 総務省 電波利用ホームページ | 海外から持ち込まれる携帯電話・BWA端末、Wi-Fi端末等の利用

タイトルとURLをコピーしました