iPhoneで圧縮ファイルを操作する方法

スポンサーリンク
iPhoneの操作 iOS

iOS 13を搭載したiPhoneシリーズでは、ファイルアプリにおいてファイルの圧縮(ZIPなど)・展開(解凍)をすることができるようになりました。

スポンサーリンク

圧縮ファイルを展開する手順

  1. ファイルアプリより『(対象の圧縮ファイル)』をタップします。
    上手く展開(解凍)できない場合は、ロングタップして表示されるメニューより『伸張』をタップします。

    iPhone→ファイル→iCloud Drive→ダウンロード

  2. 展開(解凍)されます。

    iPhone→ファイル→iCloud Drive→ダウンロード

圧縮ファイルを展開するやり方は以上です。

ファイルを圧縮する手順

  1. ファイルアプリより『(対象のファイル・フォルダ)』をロングタップ(長押し)します。

    iPhone→ファイル→iCloud Drive→ダウンロード

  2. 表示されたメニューより『圧縮』を選択します。

    iPhone→ファイル→iCloud Drive→ファイル→メニュー

ファイルを圧縮するやり方は以上です。

圧縮ファイルを扱う機会は少ないかもしれませんが、メールに添付されたファイルなどは圧縮されていることが多いので、使う機会があるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました