当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

iPhoneでeSIMを使う方法

スマートフォン iOS

これまでの物理的な[SIMカード]と異なり、インターネット経由で利用可能になる[eSIM]に対応するキャリア(NTTドコモを始めauやソフトバンクに楽天モバイルなど)やiPhoneが増えており、手軽に使えるようになりました。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。

eSIMとは?

第三世代(FOMAなど)の携帯電話・スマートフォンは、物理的なICカード(SIMカード)を本体内に挿入する必要がありました。

それに対しインターネットなどから必要なデータをダウンロードし書き込むことでスマートフォンを使用可能な状態にするのがeSIMです。これは、「スマートフォン本体に組み込まれた(embedded)SIM」と言うことになります。

eSIMが使えるか否かは機種によって異なりますが、iPhoneでも対応する機種が増えてきました。

SIMカードとeSIMの違いとは?
スマートフォンは “SIMカード” と呼ばれる小さなICカードを挿入することで通話やデータ通信ができるようになっていますが、昨今ではSIMカードが内蔵された “eSIM” に対応した機種も増えてきました。
iPhoneでデュアルSIMを使う方法
iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、 iPhone SE(第2世代)以降では「2つのSIMを使う」ことができます。これにより「仕事用とプライベート用」「キャリアと格安SIM」など用途に合わせて使い分けることが...

eSIMを設定する手順

今回はiOS15を搭載したiPhone SE(第二世代)を例とします。
  1. 通信会社から提供された[二次元コード]を用意します。
    二次元コードの表示方法は通信会社によって異なります。
  2. 設定より【モバイル通信】をタップします。

    iPhone→iOS15→設定

  3. モバイル通信より【モバイル通信プランを追加】をタップします。

    iPhone→設定→モバイル通信

  4. モバイル通信プランを追加より[カメラ]で【二次元コード】を読み取ります。

    iPhone→設定→モバイル通信→モバイル通信プランを追加

  5. モバイル通信プランを追加より内容に問題が無ければ【モバイル通信プランを追加】をタップします。

    iPhone→設定→モバイル通信→モバイル通信プランを追加

  6. 画面の指示に従って選択・変更を行い、最後に【完了】をタップします。

    iPhone→設定→モバイル通信→モバイル通信プランを追加

eSIMを設定するやり方は以上です。

APNを設定する手順

「テザリングできない」「設定に[インターネット共有]が表示されない」と言う場合には手動でAPNの設定が必要な場合があります。
  1. 設定より【モバイル通信】をタップします。

    iPhone→iOS15→設定

  2. モバイル通信の[モバイル通信プラン]より【(対象の項目)】をタップします。

    iPhone→設定→モバイル通信

  3. 対象のモバイル通信プランより【モバイルデータ通信ネットワーク】をタップします。

    iPhone→設定→モバイル通信→eSIM

  4. モバイルデータ通信ネットワークより【(対象の項目)】を入力します。
    対象の項目は通信事業者によって異なります。

    iPhone→設定→モバイル通信→eSIM→APN

APNを設定するやり方は以上です。

eSIMを無効にする手順

一時的に無効にするだけであり、今後に使用しない場合は[削除]をします。
  1. モバイル通信の[モバイル通信プラン]より【(対象のモバイル通信プラン)】をタップします。

    iPhone→設定→モバイル通信

  2. 対象のモバイル通信プランより【この回線をオンにする】のオン/オフを切り替えます。

    iPhone→設定→モバイル通信→eSIM

eSIMを無効にするやり方は以上です。

eSIMを削除する手順

一時的に利用しない場合は[無効]を推奨します。
  1. モバイル通信の[モバイル通信プラン]より【(対象のモバイル通信プラン)】をタップします。

    iPhone→設定→モバイル通信

  2. 対象のモバイル通信プランより【モバイル通信プランを削除】をタップします。

    iPhone→設定→モバイル通信→eSIM

eSIMを削除するやり方は以上です。

eSIMを削除しても契約が解約されるわけでは無いので、「もう使わない」と言う場合には解約の手続きを忘れないよう注意してください。

eSIMを機種変更する場合には「eSIMの再発行」が必要となる場合があります。別途に料金が発生することもあるので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました