iPhone / iPad で黄色みがかった画面表示の色を切り替える方法

スポンサーリンク
色 iOS

iPhone / iPad 「画面の色が黄色い」と感じる人が多いようですが、これは設定の “True Tone” をオン/オフしたり “カラーフィルタ” を調節することで「画面の色を白く」することができます。

そもそも、ディスプレイが「黄色っぽい」と言うのは色温度の違いによって生み出されているもので、日本人は比較的に「寒色系(青っぽい)」を好み、ヨーロッパなどでは「暖色系(黄色っぽい)」を好むと言われています。

このため、メーカーの意向によっては液晶の初期値が「暖色系」となっており、日本人からすると「黄色っぽい」となってしまうことがあります。そこで、iPhoneでは設定の “True Tone” や “カラーフィルタ” によって好みに合わせて色温度を調節できるようになっています。

スポンサーリンク

True Toneを切り替える手順

Androidスマートフォンでも同様のことができます。
  1. 設定より『画面表示と明るさ』をタップします。

    iPhone→設定

  2. 画面表示と明るさより『True Tone』のオン/オフを切り替えます。
    オンにすると暖色系(黄色っぽい)、オフにすると寒色系(青っぽい)になります。

    iPhone→設定→画面表示と明るさ

True Toneを切り替えるやり方は以上です。

ただし、オン/オフの2択であるため、もう少し細かく調節したい場合には、カラーフィルターを選択すると良いでしょう。

カラーフィルタを選択する手順

Androidスマートフォンでも同様のことができます。
  1. 設定より『アクセシビリティ』をタップします。

    iPhone→設定

  2. アクセシビリティより『画面表示とテキストサイズ』をタップします。

    iPhone→設定→アクセシビリティ

  3. 画面表示とテキストサイズより『カラーフィルタ』をタップします。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→画面表示とテキストサイズ

  4. カラーフィルタより選択します。
    プリセットされた項目の他に “色合い” を選択することで『強さ』や『色相』を調節することができます。

    iPhone→設定→アクセシビリティ→画面表示とテキストサイズ→カラーサイズ

カラーフィルタを選択するやり方は以上です。

この設定は、個人の好みによって最適値が左右されてしまうため、調節するのは難しいかもしれません。また、画面表示は慣れによる部分も大きいので、しばらく使っていれば気にならなくなるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました