iPhoneアプリによるデータ通信量を節約する方法

スポンサーリンク
Apple製品 iOS

データ通信量が少ないプランが登場しつつある昨今で「データ通信量の削減を優先したい」と言う場合には、iOS 13から搭載された “省データモード” を使うことでアプリの通信量を減らすことができます。

Androidスマートフォンでも同様のことができます。
スポンサーリンク

省データモードとは?

省データモードとは、アプリのモバイルデータ通信のパケット使用量を減らすことができる機能です。iOS 13より搭載された機能で、設定よりオン/オフを切り替えることができます。

省データモードがオンの時に制限されるのは、主にバックグラウンドで動作するアプリで「通信が制限される」「同期が停止する」「自動アップデートが制限される」などがあります。また、フォアグランドでも「ビデオ自動再生が制限される」「ストリーミングが低帯域に最適化される」などがあります。

設定できるのは、モバイル通信(LTEなど)だけでなくWi-Fiも可能なので、モバイルWi-Fiルーターやテザリングなどでデータ使用量を節約したい場合には切り替えると良いでしょう。

省データモードを設定する手順

モバイル通信の場合

  1. 設定より『モバイル通信』をタップします。

    iPhone→設定

  2. モバイル通信より『通信のオプション』をタップします。

    iPhone→設定→モバイル通信

  3. 通信のオプションより『省データモード』のオン/オフを切り替えます。

    iPhone→設定→モバイル通信→通信のオプション

Wi-Fiの場合

  1. 設定より『Wi-Fi』をタップします。

    iPhone→設定

  2. Wi-Fiより対象ネットワークの『(i)』をタップします。

    iPhone→設定→Wi-Fi

  3. 対象ネットワークより『省データモード』のオン/オフを切り替えます。

    iPhone→設定→Wi-Fi→詳細

省データモードを設定するやり方は以上です。

バックグラウンドでの通信も制限されるので「同期されない」などの不都合があるようであれば、オフに戻したほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました