iPhone / iPad でダークモードを設定する方法

スポンサーリンク
本棚 iOS

iOS 13より配色に “黒” をベースとした “ダークモード” 機能が搭載され、表示を切り替えることができるようになりました。手動でオン/オフするのはもちろん、時間を指定して自動で切り替えることもできます。

Androidスマートフォンでも同様の機能があります。
スポンサーリンク

手動で切り替える手順

コントロールセンターを使うと操作をショートカットできます。
  1. 設定より『画面表示と明るさ』をタップします。

    iPhone→設定

  2. 画面表示と明るさ より『ライト』『ダーク』を選択します。

    iPhone→設定→ディスプレイ→ダークモード

手動で切り替えるやり方は以上です。

自動で切り替える設定の手順

  1. 画面表示と明るさ より『自動』のオン/オフを切り替えます。

    iPhone→設定→ディスプレイ→ダークモード

  2. 画面表示と明るさ の “オプション” より『日の入から日の出まで』『カスタムスケジュール』を選択し必要に応じて設定を変更します。

    iPhone→設定→ディスプレイ→外観modeのスケジュール

自動で切り替える設定のやり方は以上です。

ダークモードのメリット

ダークモードの採用は、これにはいくつかの理由があります。

1つは “有機EL” を採用したディスプレイによるもので、有機ELは “黒” を表示している時には電力消費が少ないため、黒をベースにすることで全体の消費電力を抑える目的があります。

もう1つは、夜間など目に負担が掛からないよう配慮の目的があります。特に就寝前は明るすぎる光によって、その後の就寝に影響が出ることが考えられるため、光を抑えたダークテーマが良いとされています。

タイトルとURLをコピーしました